まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
田原稔久

快適で長持ちする住宅建設のプロ

田原稔久(たはらとしひさ)

田原建設株式会社

お電話での
お問い合わせ
072-851-7500

コラム

住宅にホームエレベーターを設置する

バリアフリー

2016年7月1日 / 2016年10月28日更新


思い切って、家にエレベーターを

滑車とロープを使って物を上げ下ろしする — エレベーターの起源は、なんと古代ローマにまで遡り、考案者はあの有名な物理学者・アルキメデスだと言われています。しかし、そんな天才・アルキメデスでさえ、2000年以上も時を経た未来には、高齢者のために自宅に自動で動くエレベーターを取りつけることが出来るようになる、とまでは想像しなかったかもしれません。

ということで、今回は2015年10月のコラム「3階建て住宅のためのエレベーター」でもご紹介しましたが、バリアフリー化にともなって、家にホームエレベーターを設置する際の注意点について考えてみたいと思います。

ホームエレベーターを設置することの利点は、足腰の弱くなった高齢者の方が簡単に二階、三階への上り下りが行えることはもちろん、階段での転倒事故を防ぐことにもつながります。お値段は200万〜が相場で他にも様々なランニングコストがかかるなど、まだまだ低価格とは言い難いホームエレベーターですが、思い切ってご購入をお考えの方は、これからご紹介する情報を、お買い上げの際の一助として頂ければありがたく思います。

ホームエレベーターの確認申請について

2015年のコラムでも書きましたが、安全に関わるホームエレベーターの設置は役所への確認申請が必要です。エレベーターを屋内にとりつける場合も確認申請が必要ですが、家の外部にとりつける場合は、さらに増築工事の確認も必要になってきますので(ただし防火、準防火指定地域以外にあり、10m2(平方メートル)以下の増築であれば不要)施工業者にしっかりと確認しておきましょう。

また年に一回の役所への定期報告が義務づけられていますので、点検などのメンテナンス費用がかかること、住宅改修の介護保険助成金の利用は出来ないことなども念頭に入れておかなくてはなりません。

将来はホームエレベーターを、とお考えの方に

便利さはもちろん魅力だけれども、やはりコストはかかるホームエレベーター。ここまでのコラムを読んでいただき、「将来的には導入を検討したいけれども、今すぐには…」とお考えの方もいらっしゃるかと思います。そんな方はエレベータースペースの確保と構造的な補強だけを済ませておき、それらのスペースを普段は収納や吹き抜けとして利用しておけば、いざ取り付けたいという時にスムーズな作業が期待出来ます。

遠からぬ未来には、一家に一台の必需品となっているかもしれないホームエレベーター。様々な可能性を見据えて、どんな状況にでも対応出来るバリアフリー化を目指したいものです。

二世帯住宅や耐震の施工事例

弊社では様々なタイプの住宅を建築しております。
実際の事例はこちらをご覧ください
➤二世帯住宅の施工事例
➤耐震改修リフォーム事例

この記事を書いたプロ

田原稔久

田原稔久(たはらとしひさ)

田原稔久プロのその他のコンテンツ

Share

田原稔久プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
072-851-7500

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田原稔久

田原建設株式会社

担当田原稔久(たはらとしひさ)

地図・アクセス

田原稔久プロのその他のコンテンツ