まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
田原稔久

快適で長持ちする住宅建設のプロ

田原稔久(たはらとしひさ)

田原建設株式会社

お電話での
お問い合わせ
072-851-7500

田原稔久プロのコラム一覧:耐震補強・耐震改修

 もう一度確認したい 見過ごされがちな地盤の大切さ さて今回は耐震補強や耐震改修と言った話題を一度離れて、新築住宅を建てるケースを例にとりながら、地盤の大切さについて考えてみましょう。これまでのざっくりとしたおさらいですが、建っている家屋や基礎の部分までは気にしていて...

 住みながら、生活しながらの耐震補強は可能か? さてこれまでのコラムでは、家屋はさまざま、地盤、擁壁など、さまざまな耐震補強、耐震改修についてご紹介してきましたが、耐震補強を行う際に、多くの方が気になさるポイントの一つが、今回のタイトルでもある「住みながら、生活しながらの...

 「擁壁」という言葉ご存知ですか? 前回ご紹介した地盤の耐震補強、耐震改修に加えて、もう一つ是非知っておいて頂きたい言葉があります。それが「擁壁」という言葉です。「擁壁」とは高低差のある斜面や段差などの土砂を保護し、がけ崩れなどを防止するために作られた壁のことです。...

これまで建物自体、基礎に対する耐震補強、耐震改修をご紹介して参りましたが、実はお住まいを地震から守るためには、もうひとつしっかりと確認しておきたいことがあります。それが、現在、お家が立っている地盤に対する耐震対策です。液状化現象とは地震の際に、地盤が液体状になる現象で...

基礎とは建物と地盤を固定するものであり、その基礎と建物をつなぐものが土台です。地震が起こった際の基礎の役割は、建物の揺れと重さを柱と土台が基礎に伝えることで、基礎がその力を平均的に地盤に逃がし、倒壊を防ぐというものです。しかし、古い家の中には簡単な基礎で、家屋全体を支え...

建物に対して垂直に立てられる「柱」に対して、「梁(はり)」とは、水平方向にかけられ、屋根や床などの重みを柱に伝える部材です。地震の際に水平方向にかかる力に対し、家屋の骨組みの変形を防いでくれるなど、耐震にとっても重要な役割を果たす「梁(はり)」ですが、その重要性は充分に知...

屋根だけでなく家全体を支える柱は要所に配置され、かつなるべく同じ重さがかかるようになっていることが望ましいとされています。そのように配置されていない場合は、補強柱や添え柱といった、大きな解体をしなくても増やすことのできる柱でバランスをとります。また忘れてはならないのが柱...

実は耐震補強において、断面径が90mm以上の柱2本と、梁、土台などの構造部材に4面が囲まれているもので水平方向の力に対抗できるもののことを「耐力壁」と呼びます。この耐力壁の強度を上げ、数を多くすることが、耐震補強・耐震改修においては重要です。従来、天井や床を壊して施行すること...

今回からは、住宅の各部分を中心に耐震補強の方法を詳しく見ていきますが、まずは家の一番上にある屋根の部分に注目してみましょう。しかし、屋根の軽量化だけに注目すると、意外な落とし穴もあるのです。日本古来の屋根瓦は重く、地震が起こると倒壊の大きな原因になるというイメージをお持...

耐震リフォームにおける耐震補強の方法には、さまざまなものがあります。今回はその主なものを実際の住宅の気になる部分を参照しながら、ご紹介していきます。耐震補強の主な方法には、「屋根材の見直し」「壁の補強」「柱の補強」「梁の補強」「床面の補強」、それら「接合部の補強」、さら...

耐震診断の結果、耐震性が低いと診断された建物に対して行われる耐震補強と耐震改修。最近よく耳にするこの二つの言葉ですが、実は違いがあります。耐震改修工事とは耐震性が不足している建物に対して、現在の耐震基準で建てられた建物と同等の耐震性を確保するために行う工事のことです。耐...

現在、大阪府では建築物の安全性向上を推進し、震災を未然に防ぐことを目的に、住宅の条件に合わせて耐震リフォーム補助金を交付しています。補助金制度は、市町村によって細かい内容は異なりますが、耐震診断補助、耐震改修設計補助、そして実際の耐震改修補助などさまざまなレベルの補助が...

田原稔久プロのその他のコンテンツ

Share

田原稔久プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
072-851-7500

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田原稔久

田原建設株式会社

担当田原稔久(たはらとしひさ)

地図・アクセス

田原稔久プロのその他のコンテンツ