まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
田原稔久

快適で長持ちする住宅建設のプロ

田原稔久(たはらとしひさ)

田原建設株式会社

お電話での
お問い合わせ
072-851-7500

田原稔久プロのコラム一覧:二世帯住宅施工事例

 準備はじっくりと、家族と話し合って進める さて、二世帯住宅と言っても、十人十色。10の家族には10種類の…100の家族には100種類の形があります。家族ひとり一人の思いを形にしていくのは、決して簡単なことではありませんが、準備に時間がかかっても、家族みんなが納得する二世帯住宅にし...

 限られたスペースに2世帯が住むために、空間の有効活用が必要 二世帯住宅というと、まず確保したいのがプライバシーでしょう。親世帯・子世帯、孫を入れて三世代が居住することが多いと思いますが、大家族が各々個室を持つためには、十分なスペースが必要です。個室を優先してしまったがた...

 将来を見据えて、3人用がおすすめ 3階建ての二世帯住宅の場合、とりわけ親世帯にとっては、上下の移動が負担になります。子世帯もいつかは高齢者になり、年を取ることは誰にも避けられない現実です。自分たち子世帯も、いずれ階段の上り下りが辛くなる…などあらかじめ予測できる問題は事前...

 すべてをバリアフリーにするより必要箇所に絞って 二世帯住宅では、親世帯と暮らすわけですから「高齢者に配慮した住まいづくり」をするのは基本でしょう。完全なバリアフリー住宅にするのがベストですが、費用の面で不可能な場合は、必須ポイントだけは外さないように設計することで、建...

 孫の成長を見守り、育児参加できる親世帯 二世帯住宅についてあらゆる側面から解説してきましたが、今回は、改めて二世帯住宅のメリットについて考えてみたいと思います。まず、親世帯にとって、二世帯住宅に暮らすことのメリットとはどういうものなのでしょう。親世帯では、孫の成長が...

 長く住むことが前提の二世帯住宅にこそふさわしい 通常、住宅の寿命は、どれくらいだと思われますか?ヨーロッパでは、築100年という住居も珍しくありません。そもそも石の文化であることと影響しています。木の文化である日本の住宅は、どうでしょう?日本の住宅寿命は、約30年だと言...

 今や「室内干しが常識」 共働きご夫婦の場合、毎朝、洗濯するというのはなかなか難しいのではないでしょうか。夜、洗濯しておけば、朝の手間は省けますが、夜露で濡れてしまいます。また、朝干しても取り入れるのが夜遅くになり、結局また湿ってしまうことも…。あるいは、急な雨に降られ...

 間取りを考える時間は念入りに 間取りを考えるのは大変ですが、同時にとても楽しい時間です。あれこれアイデアを出しあったり、理想や憧れを現実のモノにしていく…。弊社では、そんな素敵な時間を施主の方々と共有し、カタチにするお手伝いをしています。ひと通り、ご家族のご希望や優...

 親世帯のリビングに子どもが勉強しやすい環境を作る 子どもがいる共働きご夫婦の場合、二世帯住宅は頼れる住まい方でしょう。親に子どもの世話をサポートしてもらえますから、安心して仕事に出かけることができます。したがって、子どもが親世帯のリビングと子世帯のリビングの両方を行き...

 「収納」は永遠のテーマ みなさんは「片付け上手」ですか?そうであればラッキーな方だと言えます。ここ数年、簡単に片付けられることを解説したハウツー本がよく売れているようです。「収納」は、人が暮らし手いく中で避けられないことで永遠のテーマと言っても過言ではありません。特...

 木の種類をリサーチ 二世帯住宅を建てるならやっぱり木造りで…とおっしゃる方は多いようです。木のぬくもりや香りは格別で人を癒やすパワーがあります。日本の風土にあった木造建築は、湿気や暑さなどにも適応します。また木材は曲げの力に対しても強さを発揮するので、地震が多い日本の...

 住宅にとって欠かせない断熱材 快適な住まいとは、どのようなものを指すのでしょう?二世帯住宅であれば、プライバシーの確保と適度な交流…親世帯と子世帯とのほどよい距離感。それはとても大切なことです。しかしながら、物理的な住環境の基本をまず確認しておく必要があります。スト...

 まずはボーリング調査で地盤の状態を確認 二世帯住宅のメリットやデメリット、そしてさまざまなスタイルについてご紹介してきました。今回は、「傾斜地に建てる二世帯住宅」がテーマです。実は、傾斜地に関してのご相談を筆者は、しばしばお受けしています。「実家がすでに傾斜地に建...

 キッチンと洗面所をスムースに往来できるように 二世帯住宅では、できる限りデッドスペースを作らない、忙しい主婦にとって効率の良い生活導線を確保することが大切です。二世帯住宅ならではの限られたスペースや条件の中でも、工夫しだいで、家事が楽しくなるような間取りの実現も夢ではあ...

田原稔久プロのその他のコンテンツ

Share

田原稔久プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
072-851-7500

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田原稔久

田原建設株式会社

担当田原稔久(たはらとしひさ)

地図・アクセス

田原稔久プロのその他のコンテンツ