まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
田原稔久

快適で長持ちする住宅建設のプロ

田原稔久(たはらとしひさ)

田原建設株式会社

お電話での
お問い合わせ
072-851-7500

コラム

バリアフリー改修リフォームで利用できる投資型減税

バリアフリー

2016年7月13日


知っておきたい! バリアフリーリフォームには様々な税の優遇措

さて前回はバリアフリーリフォームの際の補助金のお話をいたしましたが、バリアフリーリフォームには知っておくと得をする、様々な税の優遇措置もあります。

今回は主に「投資型減税」についての記述ですが、他にも簡単にご紹介しておきますと、まず「投資型減税」と同様に、所得税額の減額を受けることの出来る「ローン型減税」というのがあります。これは「投資型減税」がリフォームを自己資金で行うのに対して、住宅ローンを利用する場合の優遇措置です。定められた額や期間などが違うので、どちらが有利か、様々な状況を考慮に入れて検討されることをお勧めいたします。

他にもバリアフリー後の家屋の固定資産税が軽減される措置や、ご両親から援助を受ける際の贈与税に関わるものまで、様々な措置が講じられていますので、一度、ご自分でお調べになってみると、お得な情報が見つかるかもしれません。

バリアフリーリフォームに対する投資型減税

それでは、この項では主にバリアフリーリフォームに対する「投資型減税」のご説明をしたいと思いますが、その前にまず「投資型減税」というのがどんなものかを少し詳しくご紹介しましょう。

もともと家屋の取得やリフォームをする際には、所得税の減税が受けられるための条件として、住宅ローンの利用が必須となっていました。しかし、2009年から税制が変わり、自己資金でそれらを賄った場合でも、複数の条件を満たせば減税が受けられるようになり、その措置を「投資型減税」と呼んでいます。

バリアフリーリフォームの場合は、限度額を200万円とし、工事費の10%を所得税から控除できます。控除の期間はリフォームが終わってから、居住を開始した1年間分のみ。

ちなみに、この「控除」という言葉について少し補足しておくと、所得税を決めるためには、その年の所得から一定の金額を差し引いて税率をかけますが、「控除となる」ということは、「その差し引く金額の中に工事費の10%を入れてよい」ということ。つまり、その分に応じて、収めなくてはならない所得税が減税されるということです。

様々な条件の変化に注意して

前回の補助金に関するコラムでも少しお話ししましたが、バリアフリー化を行うからと言って、どんな工事であっても減税対象になる訳ではなく、その判断は素人にはなかなかつきにくいものもたくさんあります。

また今後、消費税の増税が実際に踏み切られるかなど、様々な経済的、社会的要因によって、税制自体が様々な点で改正される可能性がないとも言えませんので、こまめに条件の変化をご自分でチェックしたり、専門家の方と相談したりして、ベストなタイミング、方法で、バリアフリーリフォームを行われることを、お勧めいたします。

二世帯住宅や耐震の施工事例

弊社では様々なタイプの住宅を建築しております。
実際の事例はこちらをご覧ください
➤二世帯住宅の施工事例
➤耐震改修リフォーム事例

この記事を書いたプロ

田原稔久

田原稔久(たはらとしひさ)

田原稔久プロのその他のコンテンツ

Share

田原稔久プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
072-851-7500

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田原稔久

田原建設株式会社

担当田原稔久(たはらとしひさ)

地図・アクセス

田原稔久プロのその他のコンテンツ