マイベストプロ大阪
  1. 大学入試小論文の資料型(グラフやデータ、図表が出るもの)への取り組み方は…?
角野裕美

小論文指導と自己表現・進路アドバイスのプロ

角野裕美(かどのひろみ)

Office Catalyst(オフィス・カタリスト)

コラム

大学入試小論文の資料型(グラフやデータ、図表が出るもの)への取り組み方は…?

2013年10月9日 公開 / 2014年5月23日更新

テーマ:小論文への取り組み方

オフィスカタリスト@大阪市の角野裕美です( ..)φ

今回は、大学入試小論文の出題パターンの一つである、「資料型」について一緒に取り組んでまいりましょう(^_-)-☆
(ちなみに、一番出題事例として多いのが、課題文型。これがほぼ八割をしめています。後の一割ずつが、テーマ型と今回の資料型、といえましょう。)

「資料」の読み取りから、なにより始めるのですが…!


取り組む手順としては、なによりも提示されている資料(グラフであったり、図表であったり、データの数字のみであったり…。さまざまですが。)を読み取らねばなりません。
もっというと、その資料から考えなさいよと、提示されている問題点がどこにあるのか、を考えていく必要があります(-"-)

しかしながら、思い込みだけで、何の根拠もなく、「この数字ならば、こうに違いないっっ!!!」とさっさと決めつけてしまうのが最もいけない((+_+))こと、なのです。

まずは、ともかく①思い込みや偏見を捨て、このグラフや図表、データを読み取っていきます。

ポイントとしては…・見たまま、そのままを捉える
         ・その「資料」が何の資料なのか、いつごろのものなのか、などを捉えます。
          (これらはもちろん、資料に提示されています。きちんと見つけることです。)
         ・最大値や最小値に着目し、どのような変化があるのか、を見つけます。
         ・項目によっては複数あがっている場合があるので、その中での比較をします。
         ・単純に「右肩上がりの折れ線グラフ」とみるだけではなく、そこから更には「年々上          昇傾向にある」「上昇していく」「下降の一途をたどっている」……などなど、言葉          で表現していきます。


読み取りの次は、「問題点」を見つけること!

資料の読み取りが終われば、そこにはじめて、自分自身の知識や考えを基にした「問題点」を挙げていきます。
例えば、以下の「М字カーブ(曲線)」ですが、(これはもう毎年頻出の、女性の働き方に伴う資料となっております!)どこが上がり、どこで下がるのか、さらには再上昇するのはいつなのか、ということがつまりは、年齢と労働力率のパーセンテージの具合にかかわってきます。



読み取りからわかってくることは、結局、なぜ女性の場合、ある一定の年齢になると一旦離職しているのか、ということです。
一般的に考えるとやはりそこには、「出産と育児」「家事と仕事の両立」ということが浮き彫りになってくるわけです。

多くは、このМ字カーブのものと合わせ、複数のグラフが挙げられて、考えるようにしゅつだいされます。
その場合は、まずは、一つ一つの資料を読み取ったうえで、相互の関係性がないのかどうか、まで見る必要があります。
意味なく、複数も出すことがないわけ、ですものね(^_^;)

よくあるパターンでは、М字カーブの底のところ(つまり、労働力率が減るということは離職をするというところ)では、結局ほかの資料と鑑み、「結婚や出産、育児、家事労働に忙しいから」というグラフとの兼ね合いで、理由がわかってきます。
また、再就職する年代が結局М字カーブの再上昇地点となるわけですから、「ある程度子育てが終わり、今一度仕事を望む女性が出てくるから」となります。
しかしながら、ほかの資料に「パート労働」がその年代でおおければ、正社員だった離職前の職にはつけていないということも、わかってくる、ということです。

複数の資料をうまく関連付け、考えていこう!




ある意味、ちょっとしたクイズというか、パズルというか、楽しみながら!?しかし、何について考えることを求められているのか?と常に思いつつ、資料を読み解く必要がありましょう(^^)

慣れれば、浮き上がるように、求められている問題点が明らかになってきます。
設問と共に、なにについて述べるべきか、資料を最大限に活かして、考察していきましょうね(^_-)-☆

心を込めて…( ..)φ__hiromi KADONO

⇒⇒⇒Twitterで書くことへの日々の気づきを絶賛(^◇^)発信中!フォロワーさん大歓迎!
https://twitter.com/hiromi_kadono

この記事を書いたプロ

角野裕美

小論文指導と自己表現・進路アドバイスのプロ

角野裕美(Office Catalyst(オフィス・カタリスト))

Share
関連するコラム

角野裕美プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6921-2559

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

角野裕美

Office Catalyst(オフィス・カタリスト)

担当角野裕美(かどのひろみ)

地図・アクセス

角野裕美のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2019-02-17
instagram
Instagram
facebook
Facebook