まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
原島敏郎

元マネジャーの経験を生かしたコーチングのプロ

原島敏郎(はらしまとしろう)

有限会社 原島マネジメント研究所

お電話での
お問い合わせ
090-3929-1804

コラム

ビジネスコーチとクライアントとの関係

2015年9月17日

 プロのビジネスコーチは、クライアントとの対話を通して、「クライアント自身がビジョンや目標を明確にして、そのビジョンや目標に向かって行動できるようにサポートしていく専門家」 です。クライアントというのは、コーチを受ける人のことです。クライアントはコーチを雇うことによって、より早く、より高い成果が得られます。もちろんクライアントにはその方の専門分野があります。その分野の専門家です。コーチはクライアントの専門分野については素人ですが 「クライアント自身がビジョンや目標を明確にして、そのビジョンや目標に向かって行動できるようにサポートしていく専門家」 ですから、コーチとクライアントは、専門分野が違う専門家同士です。ですからあくまでも対等な関係です。
 コーチのあり方とコーチとクライアントとの関係について、コーチの国際的権威である国際コーチ連盟が「コーチのコア・コンピテンシー」で規定しています。
 クライアントとの関係性について主なポイントとなるところをご紹介します。

 ・コーチはクライアントと対等な関係を築くために、クライアントの視点、感じ方、考え方、個人としてのあり方を尊重して、真摯で正直で誠実な態度で接します。
 ・コーチはクライアントの機密情報に対して守秘義務があり、 この義務を遵守します。
 ・クライアントはコーチからの質問などによって、目標や目標達成に向けての行動をより明確にしていきます。それをきっかけにクライアントは、自分の意思で今までと違う新たな取り組みを試みることもあります。その試みに失敗するのではないかという不安が生じたとしても、コーチはクライアントを精神的に支え継続的なサポートをしていきます。コーチはクライアントの目標設定や成功を心から願い応援していきます。
 ・コーチは一切「アドバイス」はしません。クライアントの視点を変えたり、選択肢を増やしたりするために「提案」や「リクエスト」をすることがあります。それを受け入れるかどうかを判断するのはクライアント自身です。
 ・コーチは時にはクライアントにとって耳の痛いことを「フィードバック」という形でお伝えするかもしれません。フィードバックはコーチの視点ですから、フィードバックを受け取るか受け取らないかは、クライアントが決めます。

 以上の内容をクライアントに了解を得てからコーチングを開始しています。

この記事を書いたプロ

原島敏郎

原島敏郎(はらしまとしろう)

原島敏郎プロのその他のコンテンツ

Share

原島敏郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-3929-1804

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原島敏郎

有限会社 原島マネジメント研究所

担当原島敏郎(はらしまとしろう)

地図・アクセス