まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
谷光高

初心者にゴルフの素晴らしさを教えるプロ

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

お電話での
お問い合わせ
079-565-2111

コラム

いつでもゴルフボールを取り替えたり、拭いたりしてもいいの?

これだけは知っておきたいゴルフルール

2015年4月8日 / 2015年4月9日更新

ホールの途中で気軽にボールを取り替えることはできません!

パッティンググリーン上で、マークしてボールを拾いあげたときに、ポケットの中にボールが3つも4つもあって、ごちゃごちゃまぜになって、どのボールを使っていたのやら分からなくなった経験のある初心者は私だけでしょうか?

プライベートのゴルフが多くなると、『マイボール』の確認が、どうしてもいい加減になってしまいます。

『マイボール』の確認は、他の人のボールと間違うことを防ぐのはもちろんですが、原則として「ティーインググラウンドからプレーした球でホールアウトしなければならない。」というルールがあります。
ただし紛失球(ロストボール)やOBとなった場合など、1ホールを終えるために他のボールをプレーしたり、他のボールをドロップやプレースしたりすることが許されるといったルールに基づいて処置をする場合には、取り替えたボールが「インプレーの球」となります。

グリーンでボールを拾いあげたときに、「あっ、少しボールが汚れている!」といって、別のボールに交換してプレーをすることはできないのです。

この場合「誤球」となり、2打の罰を受けます。そして、「誤球」でプレーした打数はカウントせずに、「誤球」のプレーが最初に起きた箇所にボールをプレースして、プレーを再開することになります。

もしも「誤球」のままホールアウトして、次のホールでティーショットを打つまでに誤りを訂正しなかったときは(最終ホールでは、グリーンを離れる前に誤りを訂正する意思を示さなかったときは)、競技の場合は失格にまでなってしまいます。

ホールの途中で気軽にボールを取り換えることはできないのです。

フェアウェイやラフで、泥んこのボールを拭いてはいけません!

長雨などで、コース全体がぬかるんでいて、ベアグラウンド(裸地)を転がってフェアウェイで止まったボールが、泥だらけになってしまっていたとき、思わずマークしてボールを拭きたくなりますよね。

でも、ダメなんです。

ルールでは、パッティンググリーン上にあるボール以外で、①プレーに適さないボールかどうかを見定めるとき、②自分のボールかどうかを確認するとき(確認に必要な範囲のみ拭くことができる)、③他のプレーヤーのプレーの援助や妨げとなっているとき、という理由でボールを拾いあげた場合は拭くことができません。

仮に泥だらけであっても止まっているインプレーの自分のボールを勝手に拾い上げると1打の罰となります。(規則18「止まっている球が動かされた場合」)
さらに元の位置にリプレースしないと「誤所からのプレー」となり、2打の罰が付加されます。リプレースする際、拾い上げたボールを拭いても罰の重課はないですけどね。

パッティンググリーン上のボールは、規則16-1bにより拾い上げた場合には拭くことが許されています。
その他の場所でも、規則に基づいて拾い上げた場合にはボールを拭くことができます。
また、湿地やぬかるみが多くコースの状態が著しく悪い場合には、「ボールを拭くことができる」とする救済のローカルルールが設定されていることもあります。スタート前にローカルルールは必ず確認するようにしてください。
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

谷光高

谷光高(たにみつたか)

谷光高プロのその他のコンテンツ

Share

谷光高プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

担当谷光高(たにみつたか)

地図・アクセス

谷光高のソーシャルメディア

twitter
twitter
2018-06-28
facebook
facebook