マイベストプロ岡山
津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(つたにりょう) / 歯科医

津谷歯科医院

お電話での
お問い合わせ
086-276-4911

コラム

部分入れ歯の大切なこと  掛けている歯を守こと

2019年11月26日

テーマ:カチッと入れ歯

コラムカテゴリ:医療・病院

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



先週のコラムに続き、部分入れ歯についての内容です。
あなたが今使われている部分入れ歯は、どのような形をしていますか?
保険、保険外を問わず、入れ歯本体と維持装置で構成されています。

部分入れ歯を残った歯に固定する維持装置は、
金属製のクラスプと呼ばれる、歯に止めるワッカのような装置、
また最近ノンクラスプと呼ばれるプラスチックの維持装置などが多いと思います。

いずれも部分入れ歯を掛ける歯の豊隆部を超えて維持を求めるために、
部分入れ歯を出し入れの度に、維持を求める歯に負担が大きく、
弱っている歯ですと、部分入れ歯の出し入れの度に痛みを伴ってくるのです。

勿論掛けている歯がグラグラ動き出すと、
部分入れ歯を支える歯として不適応とされ、抜歯となります。

勿論部分入れ歯をお使いいただく方の全ての歯が健康ということではないので、
残っている歯に負担の少ない入れ歯が求められています。
部分入れ歯を取り外す時に残っている歯を締め付けず、
楽に装着できて、入れ歯を噛む時にもその歯を揺さぶらない。

このような目的で生まれたのが、「カチッと入れ歯」です。
勿論審美性、快適性も今までの入れ歯とは違います。
部分入れ歯でお困りの方はご相談ください。

この記事を書いたプロ

津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(津谷歯科医院)

Share
関連するコラム

津谷良プロのコンテンツ