マイベストプロ岡山
津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

お電話での
お問い合わせ
086-276-4911

コラム

入れ歯のメインテナンスの重要性とは?

2019年10月8日

テーマ:定期健診

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



患者さんから今お使いの入れ歯の痛み、うまく噛めない、外れるなどの不具合のご相談を、
よくお受けいたします。
多くの患者さんは、今の入れ歯を長い間器用に使用されたこともあって、
随分と我慢強くお使いの方も多くいらっしゃいますが、
実際口の中を拝見すると、入れ歯が今の口の中とまるで適合していない方もおられます。

勿論新しく入れ歯をお作りになった時はそんな事はなかったのでしょう。
入れ歯、特に部分入れ歯は残っていた歯が抜けたりすると、
まるで合わなくなることもあり、また口の中歯グキも変化の状態が多い方もいらっしゃるために、
入れ歯を作った後でも、入れ歯や口の定期検診と、入れ歯のクリーニングが欠かせません。

入れ歯が必要な方は、事実歯周病やムシ歯で歯を失っていることが多いのです。
患者さんの歯周病が完治していなくても、毎日食べたり、話さなければいけないために、
できるだけ早期に入れ歯を作成する事も現実には多いのです。

ですから、入れ歯を作ってからムシ歯を新たに作らないように、
また腫れ易い歯グキの炎症のコントロールを定期検診で確認、また早期の治療と、
必要な事は歯科医院サイドとしては、たくさん抱えています。

患者さんからすると、入れ歯を作ると治療は終わりとお考えでしょうが、
これからが残った歯や、入れ歯をいい状態でお使いいただくための大切なことなのです。
ですから患者さんがメインテナンスに来院して頂けなければ、
早期に入れ歯が合わなくなることもあります。

当医院では入れ歯をお作りの患者さんには、定期検診をお願いしております。
入れ歯の不具合等でお悩みの方は当医院までご相談ください。
よろしくお願いいたします。

この記事を書いたプロ

津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(津谷歯科医院)

Share
関連するコラム

津谷良プロのコンテンツ