まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

お電話での
お問い合わせ
086-276-4911

コラム

急激な歯の喪失には要注意!

定期健診

2017年11月28日

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



口の中の残存歯数が少なくなると、当然上下の歯の接触面が少なくなります。
その都度入れ歯、ブリッジ、インプラントなどで修復治療されている場合良いのですが、
そのまま放置されているケースで、歯ってこんなに簡単にダメになるものか?
というケースに遭遇します。

具体的には、歯が割れたり、動揺が大きく噛むと痛くなったり、摩耗して小さくなったりなどです。
いかに患者さんが食べる、噛むことに歯が少なくなって、残った歯を酷使されたかということでしょう。
当然割れたり、動きの大きい歯は早期に使えなくなります。
そしてますます食べれなくなる事になります。

ではどうしてこのようなことになってしまったのでしょうか?
なぜ早期に治療しなかったのでしょうか?

それは歯を失った事への患者さんの慣れが原因と思われます。
まずは.一本、二本と歯を失われ、「少々不便だがなんとか食べられる」と放置
そのうち顎がズレてきて、残った歯に過度の負担を強いいることになり、
歯周病が早期に進んだ結果、歯が動き出すことに。

患者さん本人は急な歯の喪失(交通事故で何本も同時に失う等の)とは違うために、
あまり急な問題と捉えないためでしょう。
そして加速度的にまだ丈夫でしっかりしていた歯も動き出し、
やがて歯を多く失ってしまうのです。

患者さん個人的な考え方もあると思いますが、
やはり歯科的な相談が出来るかかりつけ医をお持ちになる事をお勧めします。
もちろん歯を失ったところは入れ歯などで治療されて、
残った歯に過度の負担をかけないようにしなければいけません。

この記事を書いたプロ

津谷良

津谷良(つたにりょう)

津谷良プロのその他のコンテンツ

Share

津谷良プロのその他のコンテンツ