マイベストプロ岡山
吉井江里

歌・ピアノの指導や合唱指揮などで音楽の楽しさを伝えるプロ

吉井江里(よしいえり) / 教師

ソット・ヴォーチェ

コラム

雑記*長く一緒に歌ってきた仲間と 4月13日

2024年4月13日

テーマ:ワクワクする生きがい作り

コラムカテゴリ:スクール・習い事

おはようございます。
実は昨夜9時台に寝たら3時前に目覚めて久しぶりにネットサーフィンなどをして過ごし朝風呂にゆっくり入って今はお風呂上がりです。

昨日は公の場所での歌のクラブの日で20数人で歌った。
このところ、新しい方や数年間お休みになられていた方々が次々と尋ねてくださったりお電話やメールをくださることが多くなった。

私は自分の母親と一緒に住んでおり、病気によって入退院を繰り返したこと、年齢的なこともあって心配は多い。
しかしなんとか一緒に歌いに出ることもできるようになり、可能な場所へは一緒に出掛けている。

昨日のクラブの中には長年一緒に歌ってきた仲間がお二人。
もう40年近く一緒に歌ってきたので(途中間は空いていますが)クラブの後で一緒にランチに行き話している顔を見ると、非常に色艶が良い感じがする。表情が違う。

会話をすること、一緒に歌うこと、思い出の共有は改めて大事なことなのだな、と隣のテーブルからちらっと様子を見ながら思った。

他の人たちとも私はもう25年程の付き合いになる。
中には車椅子生活になられてもう来られなくなった方もおられる。
コロナ禍にお二人の仲間が亡くなられたりして時々思い出して寂しいこともある。
でもこうして一緒に歌い、話をしてこれからの楽しい企画について話したりするのはなかなか良いです。

私ももしこれから新しい出会いがあったとして、自分があと20年生きることができれば、こんな楽しい時間も持てるとしたら、
頑張って元気でいたいな、と思いながらお店を後にしたのです。

このところ新しく教室に参加してくださるかたが多くなりました。
ここからなるべく長い間ご一緒に楽しみましょうね、という気持ちでいる。
あ、でも私何歳まで働けるかしら?
今のところは当面は大丈夫そうだけれど先はわからない。
毎日を大事に、そして無理のない範囲で体を鍛え
好奇心を持って、毎日音楽したい。
ちょっとだけ転びやすく(つまずいたり引っかかったり)なっている自分に驚くこともあるけれど、できることも増えている。
音楽もまだ成長できている、ように思うので諦めずに前進します。


桜 西川 2

この記事を書いたプロ

吉井江里

歌・ピアノの指導や合唱指揮などで音楽の楽しさを伝えるプロ

吉井江里(ソット・ヴォーチェ)

Share

関連するコラム

  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ岡山
  3. 岡山のスクール・習い事
  4. 岡山の音楽教室・レッスン
  5. 吉井江里
  6. コラム一覧
  7. 雑記*長く一緒に歌ってきた仲間と 4月13日

© My Best Pro