まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
井上直美

留学で一人一人の夢をかなえるプロ

井上直美(いのうえなおみ)

井上直美留学研究所

コラム

グローバル社会で求められる英語力とは?(3)

留学 英語

2015年12月21日

みなさん、こんにちは。井上直美です。

英語力には、大きく分けて二つの流れがあります。
input(インプット)と、output(アウトプット)です。
インプットは、英語を聞くこと・読むこと・文法・語彙などです。
アウトプットは、話すこと・書くことです。

英語学習は、まずこのことを知っておかなくてはなりません。
ただやみくもに英語に触れてからといって、
英語力が向上するわけではありません。

まずは、「多聴多読」です。
英語をたくさん聞いて、たくさん読むことです。

インプットしておかないと、
頭の中に何も入っていないのに、英語が出てくるはずはないのです。

よく聞かれる質問ですが、
「映画を字幕なしで聞き取れるようになる」ためには、
どうしたらいいでしょうか?と言われます。

これは、かなり高いレベルです。
映画の中に使われている英語は、スラングがたくさん含まれています。
つまり、学校教育で習わない英語が出てくるのです。
スラングをあまり知らないのに、
聞き取るのは難しいですよね。

何事にも、初級~中級~上級、とレベルがあるように、
リスニングもご自分のレベルに合った教材から始めるのが、
遠回りのようで、実は、近道なのです。

初級の方には、英検のリスニングCDをお勧めします。
英検は、級ごとに文法や語彙のレベルが決められていて、
どのレベルから始めればいいのかがよくわかります。
しかも、とても標準的な表現や発音で録音されているので、
初心者にとっても聞き取りやすいです。

リスニングのコツは、
「100%聞き取れるまで、繰り返し聞くこと」です。
たったこれだけですが、意外にこれが難しいのです。

ほとんどの方は、
80~90%聞き取れるようになる頃には、
何となく飽きてきて、次の教材へと進みます。
ここに落とし穴があります。

最後の10~20%の聞こえないところは、
恐らくリエゾン(子音と母音がくっつく)の音です。
日本人にとって、聞き取りにくいのはこれです。
あと少しの聞こえないところを制覇しなければ、
また同じ音が出てきた時に、やっぱり聞き取れません。

ですので、リスニングの伸び悩みに悩んでいる方は、
ぜひ100%を目指して聞き続けてください。

この記事を書いたプロ

井上直美

井上直美(いのうえなおみ)

井上直美プロのその他のコンテンツ

Share

井上直美プロのその他のコンテンツ