まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ新潟
石井順子

金融機関20年の経験からアドバイスするお金のプロ

石井順子(いしいじゅんこ)

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

コラム

晩産のママを悩ませる「産後うつ」のはなし

2018年6月17日

赤ちゃんにとってママは大事な存在!心も体も気をつけてね

「産後うつ」って知っていますか?
中高年にはなじみが
ないかもしれません。
昔は聞かれませんでした。
今は出産後気をつけなければいけない
メンタルの症状として知られています。

出産後はホルモンの変化により
精神的に不安定になりやすいです。
私もそうでした。
それまでメンタルな病気と
関係ないと思っていました。

お産って本当に女性にとって命がけです。
男性が聞くと大げさに聞こえるかもしれませんが
命を削って子どもを産むのです。
きっと母親にとっては子どもがいくつになっても
大事な子どもなんだと思います。

産後は人生の中で
一番不安定な時期です。
二番目は思春期です。
両方とも何とか乗り越えました。
三番は更年期でしょうか?
おかげさまでまだ経験できていません。
メンタルなことって
他人はもとより身内にも相談しづらいです。

出産後は実家に身を
寄せていました。
些細なことが許せなく
ヒステリックに叫んだり
ちょっとしたミスで
ひどく悲しくなったり
今だったら笑って過ぎるところを
ひどく腹が立ってしまったり。

一番ありがたかったのは
そんな不安定な私の話を
婦人科の定期健診の時
お医者様がよく聞いてくださり
私は悪くない、不安に思わなくていいって
言ってくれたことです。
それでずいぶん救われました。

そして実家のサポートも
助けられました。
ひとりだったら
乗り越えられなかったかもしれません。
今のママたちは大丈夫かなって
気になります。

私のところに相談に来る方たちも
お金の心配もありますが
産後の不安を訴えるママたちが
少なくないです。
あまり大変な時は
公のサポートを頼ります。
今は市町村に相談することもできます。

私が出産した時常識だった
帯明きという
産後1ヶ月くらいは安静にしていないと
体が大変になるという言い伝えがありました。
これは迷信ではなくどうやら本当らしいです。

先程も言いましたが
妊娠出産は女性が命を削って
挑む大仕事です。
産後は特に安静にしないと
その後の人生に影響します。
親が元気であれば実家も頼れますが
最近は晩産で親が高齢になり
頼れないママも多いようです。
家事代行などを上手に活用し
無理しないよう乗り切っていただきたいです。

出産したママたちにとって
全てが瞬時にママのモードになるかといえば
人それぞれです。
望まない出産であったり
育児の重圧に苦しむママもいます。
そんな時は一人で悩まず
地域の窓口を頼るべきです。
助産婦さんがアドバイスしてくれたり
訪問してくれたりすることもできるはずです。

新潟のFP石井順子
 お問い合わせは 
 電話 090-1404-7204
 ホームページ  http://fpjun.on.omisenomikata.jp/

赤ちゃんにとっても
ママの体が一番大事です。
産後の不安は
FP石井順子に相談してみて!
https://mbp-niigata.com/fpjun/inquiry/personal/

この記事を書いたプロ

石井順子

石井順子(いしいじゅんこ)

石井順子プロのその他のコンテンツ

Share

石井順子のソーシャルメディア

google-plus
Google+

石井順子プロのその他のコンテンツ