まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
辻万寿夫

「安心提供業」をモットーにする雨漏り修理のプロ

辻万寿夫(つじますお)

株式会社 辻建材

お電話での
お問い合わせ
075-611-6121

コラム

マンションの屋上の雨漏り対策

2016年5月7日 / 2016年7月1日更新


マンション屋上から雨漏りが!

マンションの屋上は常に強風や雨、台風、紫外線といった自然環境の影響を受けやすい箇所です。
そのため、結果としてマンションの屋上部分の防水機能が劣化し、雨漏りが発生してしまう可能性が高くなってしまいます。

マンションの屋上から雨漏りが発生する原因としては、防水シートの剥がれ、防水塗膜の劣化、防水層上の水たまり、壁のひび割れなどが挙げられます。

これらの雨漏りの進行によって、建物自体が傷んでしまう原因にも繋がりかねませんので、なるべく早急に雨漏り対策は行っておきたいものです。

では実際に、雨漏りが発生した場合、どのように防水工事を行うのでしょうか。
現在、マンションの屋上に多く利用されている「陸屋根」における雨漏り対策の施工方法を見ていきたいと思います。

陸屋根の雨漏り対策における施工方法

既存の防水層がアスファルト系の防水を行っている場合は、トーチ工法にて施工を行います。
この工法は、改質アスファルトルーフィングシートを用いる方法で、防水力が高いのが特徴です。
施工前に陸屋根の余分な汚れを落とすために高圧洗浄で清掃をし、勾配をモルタルで調整、プライマーをゴムコテで擦り付け、トーチバーナーで防水材のルーフィングシートを貼っていきます。

その際、シートの重ね合わせ部分には空気を内包しないように注意し、既存防水層と一体化させるように貼り付けていきます。
その後、隙間部分にコーキング作業を行い、トップコートを塗りシルバーコーティングできれば作業は完了となります。

他にも陸屋根の雨漏り対策にはさまざまな方法が

その他、陸屋根の雨漏り対策時の施工方法にはさまざまなものがあります。
アスファルト系の防水施工方法の他にも代表的なものに、シート防水やウレタン防水による方法があります。
シート防水は、塩化ビニール樹脂の防水シートを使った防水工事で、接着剤などを陸屋根面に塗り、防水シートを貼り付けます。

このように、さまざまな方法で雨漏り対策用の施工作業を行っていきますので、建物の特徴に合わせて検討をしていく必要があります。

陸屋根の防水工事はマンションの立地条件によってもかわる

この記事を書いたプロ

辻万寿夫

辻万寿夫(つじますお)

辻万寿夫プロのその他のコンテンツ

Share

辻万寿夫プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-6121

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

辻万寿夫

株式会社 辻建材

担当辻万寿夫(つじますお)

地図・アクセス

辻万寿夫プロのその他のコンテンツ