マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし) / 弁護士

中隆志法律事務所

コラム

新年度

2020年4月1日

コラムカテゴリ:法律関連

 弁護士会も今日から新年度である。
 私自身は、平成8年4月1日に弁護士として働き出したので、今日から25年目ということになる。

 未だ若手のつもりでいるのだが、月日の経つのは早い。
 私が弁護士になった時、25年目の弁護士といえば、超ベテランという印象であったが、自分自身がなってみると、さほどでもない。
 また、60期はまだまだ若手かと思っていたら(私は司法修習48期)、登録して13年も経つ。
 懇親会などの費用の傾斜も見直していかないといけないと最近思っている。

 初日は、弁護士会の各委員会の1回目が20分ずつあり、委員長など役職を決めたり、手続的なことのみを決める。
 私は、法律相談センター運営委員会、消費者・サラ金被害救済センター運営委員会、災害対策委員会、弁護士偏在問題検討委員会、犯罪被害者支援委員会に所属しているが、日弁連の公設事務所・法律相談センター委員会の委員長をしていることもあり、法律相談センター運営委員会以外はほぼ出られておらず、メーリングリスト上で意見を述べるなどにとどまっている。

 気持ちを新たに、今年度も頑張っていきたい。

この記事を書いたプロ

中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(中隆志法律事務所)

Share