マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし) / 弁護士

中隆志法律事務所

コラム一覧

RSS

事務所が明るすぎる問題

2019-11-22

 私の事務所は京都市役所のちょうど北側のビルの5階にある。 市役所の新しい建物が完成したのだが、最上階は私の事務所よりも低い位置となった。 そのために、以前よりもさらに南から太陽の光が差し込んでく...

読書日記「一夢庵風流記」

2019-11-21

 新潮社。隆慶一郎。 筆者の全ての作品を持っているのだが、懐かしくなり、自宅で読んでいた。 前田利家の甥で、天下一のかぶき者であり、いくさ人である前田慶次郎の物語である。 これより先に、海音寺...

家裁の待合室

2019-11-20

 家裁の待合室で、事件の中身にわたるようなことを依頼者と弁護士が話をしていることがある。 守秘義務的に、あれはいかんのではないかと思っている。 依頼者の方も、「あんまり話をしないで欲しい」という...

週末の睡眠

2019-11-19

 何も予定がなければ土曜日はヘタをすると金曜日に1時過ぎに就寝しても11時まで寝ている。 その上、二代目小次郎が私の股にもたれてくると眠くなり昼寝をする。 日曜日もヘタをすると同じようなことをしてい...

今週の小次郎

今週の小次郎

2019-11-18

 機嫌がいいときにじゅうたんに身体をこすりつけている二代目小次郎である。 寒くなり、毛布でくるむとすぐにトロトロになる。 気温が下がってきましたが、今週も頑張っていきましょう。

インフルエンザの予防接種

2019-11-15

 既にインフルエンザが流行しているという報道に接した。 私は40歳になるまで一度もインフルエンザになったことがなく、39歳まで、「インフルエンザにならない遺伝子を持つ男」と豪語していた。もちろん予防接...

読書日記「正史三国志5 蜀書」

2019-11-14

 ちくま学芸文庫。陳寿。 日本で唯一の完訳正史三国志。 蜀書ということで、主人公は劉備、関羽、張飛、趙雲らである。 劉備は三国志演義の方では善玉の主人公で、粗暴な振る舞いをするのは常に張飛だが...

全国法曹サッカー横浜大会イン御殿場

2019-11-13

 令和元年11月9日、10日、毎年開催される全国法曹サッカー大会が開催された。 今年の主催は横浜で、場所は御殿場であった。 2日間快晴に恵まれた大会であった。 私は24年間この大会には出場している(現...

アミノバイタルゴールド

2019-11-12

 サッカーをした後の疲労が年々抜けにくくなっているため、何かいいサプリはないかと思っていたところ、チームメイトから、アミノバイタルを紹介された。 しかも、ゴールドが効くというので、練習後や、大会の...

今週の小次郎

今週の小次郎

2019-11-11

 肌寒くなってくると毛布が大好き二代目小次郎である。 雪の中駆け回るほどのワイルドさはない。 あっという間に年末が見えてきました。 今週も頑張っていきましょう。

都市型公設事務所

2019-11-08

 日弁連の会員の中には過疎偏在対策は終わったと思っている人もいるが、支部に1人も弁護士がいない状態が解消されたとはいえ、離島や弁護士が必要であるのに弁護士が単独では経営が困難で、事務所を開業できない...

裁判所の節電

2019-11-07

 裁判所は節電中ということで廊下の電気が暗かったり、エレベーターの間引き運転をするなどしている。 ところが、弁論準備期日といって、普通のテーブルとイスで行う期日に入ると、中の電気があかあかとついて...

1人で話をする人たち

2019-11-05

 最近歩いていると、1人で話をする人たちがあまりにも多い。 耳にマイクのようなものをつけて、スマホで話をしているのである。 私のような人間からすると、携帯を耳に当てながら歩いていたら、「ああ電話し...

今週の小次郎

今週の小次郎

2019-11-05

 散歩に連れて行くように主張している二代目小次郎である。 休みの日の夕方になると、強く主張しはるのである。 今週は1日少ないですが、頑張っていきましょう。

読書日記「古代文明の謎はどこまで解けたか2」

2019-10-31

 太田出版。ピーター・ジェイムズほか。 古代文明の謎はオカルトでないと解けないのか? ナスカの地上絵や、古代の航海、レイライン、アーサー王など、それはそもそも事実か?宇宙人などの力を使わないと不...