まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

中隆志プロのコラム一覧

2018-10-15

 散歩から帰ってきてご機嫌な二代目小次郎である。 ちょこちょこ歩いてきて、覗いているところである。 秋めいてきましたが、今週も1週間頑張っていきましょう。

2018-10-12

 裁判所に重い記録を持っていく時にキャリーケースを使用しているが、割と直ぐに車輪が壊れてしまう。 ネットで調べてみたところ、旅行用に作られているので、しょっちゅうビジネスで酷使されることは想定されていないそうである。 修理費もそこそこかかるので、これからは使い捨て感覚で安い...

2018-10-11

 講談社文庫。村上春樹。 村上春樹が日本を出て、ヨーロッパに行っていた時の紀行文である。 このヨーロッパ滞在中に、村上春樹は「ノルウェイの森」「ダンス・ダンス・ダンス」を書いた。 ヨーロッパに居た時の状況が作品の中に反映されているという記載もあり、雨ばかりの時は雨のような文...

2018-10-10

 23年前に弁護士になった時と今と比較すると、依頼者の一部のありように変化があるように思われる。 紛争解決を依頼しているということで、今もある意味紛争解決に向けて、信頼関係を保ちながら事件を進めていくという依頼者が大半であることには変わりがない。 しかし、一部の依頼者で、自分...

2018-10-09

 楽しい二代目小次郎である。 楽しすぎるのか、瞳孔が開いた感じとなっている。 オモチャで遊んであげたので、テンションが上がっているのである。 私もこんな感じで楽しく仕事ができればいいのだが。 連休明けで1日少ないですが、頑張っていきましょう。

2018-10-05

 文藝春秋。福岡伸一。 福岡ハカセとしてTVにも時々出ている筆者のエッセイ集である。 筆者は生物学者で、種々の生物に対する愛情のほか、フェルメールに対する愛やノーベル賞に関するエッセイなど、非常に読みやすい形で時事問題も語られる。 表題は、ツチハンミョウの生存戦略が極めてギャ...

2018-10-04

ハヤカワ文庫。レイモンド・チャンドラー。 完結した物語ということでは、チャンドラー最後の作品である(遺作は、「プードルスプリングス物語」で、物語が途中であったものをロバート・B・パーカーが完結させて、ハヤカワ文庫から出版されている。)。 村上春樹訳である。 清水俊一氏の訳で...

2018-10-03

 月曜日から金曜日の朝、二代目小次郎の散歩をしていると、同じ時間帯に出会うワンコ達がいる。 二代目小次郎は自分のことはおそらくワンコと思っておらず、全てが敵であるので、友達にはなれないのであるが、初代小次郎が家に来て以来、犬好きとなった私は、他のワンコ達がフンフンとご機嫌に散...

2018-10-02

 どうにもこうにも感覚の合わない裁判官と当たることがある。 これは、私のボスも勤務弁護士時代に私に言っていたことがあるが、実際私も23年弁護士をしてきて、「この裁判官とは全く感覚が合わないな」という裁判官と当たることがある(悪いことばかり書いているようだが、立派な裁判官も多数お...

2018-10-01

 散歩から帰ってきてご機嫌な二代目小次郎である。 小次郎は他の犬は敵とみなしているので、犬と会うと怒るし、自転車も大嫌いで怒る。 ものすごいビビりなので、怖いのであろうと思う。 このときは誰にも会わなかったので、ご機嫌である。

2018-09-28

ダイヤモンド社。牧田善二。 本屋で平積みになっている健康本である。 購入してみたが、血糖値のコントロールが全てであり、こういう食べ物はダメとされていた。 私が唯一大丈夫なのは、缶コーヒーが飲めないことであろうか。確か、角砂糖が13個分入って居るとのことであった。果糖は太るもと...

2018-09-27

 日弁連の会議で月に一度東京に泊まりで行くため、普通の縦長のキャリーケースを利用していた。 しかし、タクシーに乗ったりするときに後ろを開けてもらって積んで、たまに運転手さんに忘れられそうになったりすることもあるし、後ろに積むのが面倒なので、普通の鞄タイプの横長のキャリーケース...

2018-09-26

 帰りの電車の中で、チャーハイやビールを飲んでいるオジサンを見かける。 私は新幹線や特急ではともかく、普通の通勤電車ではそんなことはしないのだが、免疫学の大家である安保徹先生によると、身体が夕方に向けて酸性に変わるから、夕方に炭酸のものを飲みたくなるのは自然の欲求であるという...

2018-09-25

 横で寝ていたので、おなかをツンとつついたところ、非難するような目で見ている二代目小次郎である。 連休明けは身体がしんどいですが、4日働けば土日なので、頑張っていきましょう。

2018-09-21

 全5巻。文春文庫。津本陽。 夢を表題に、「下天は夢か」に続く、秀吉が主人公の歴史小説である。 実のところ、再読で、前に読んだときには史料があまりにも多く、また、最後の方の秀吉は老耄していて、読むのに耐えず、余り頭に入らなかったので、そのうち読み直そうと思っていたのである。...

中隆志プロのその他のコンテンツ

Share