マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

コラム

読書日記「生物学者セオ・クレイ 森の捕食者」

2019年6月12日

 ハヤカワ文庫。アンドリュー・メイン。
 生物学者セオ・クレイは森で行方不明となった多くの若者が、本当にクマに殺害されているのかについて疑問を抱き出す。
 生物学を駆使して遺体を発見し続ける主人公。その遺体は、クマによる殺害なのか、それとも人の手による殺害なのか。
 生物学的観点から遺体を探し出すという視点が新しいと思い、次回作が出れば買いたい。
 新しいミステリーの分野かもしれない。

この記事を書いたプロ

中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(中隆志法律事務所)

Share