まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

コラム

読書日記「極夜行」

2018年3月14日

 文藝春秋。角幡唯介。
 ツァンポー渓谷の踏破を始め、アグルーカの行方、雪男は向こうからやってきたなどを描いた著者の新たな冒険。それは、極北地域で大陽がのぼることのない「極夜」の単独行であった。
 太陽が昇らない世界はどういうものか、どのような危険が著者を待ち受けるのか、唯一のパートナーである犬とともに著者は死んでしまうのか-。
 我々が知らない極限の世界が描かれる。
 冒険ノンフィクションの傑作である。
 是非一読を。

この記事を書いたプロ

中隆志

中隆志(なかたかし)

中隆志プロのその他のコンテンツ

Share