まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

コラム

台風一過

2017年10月24日

 台風が日本列島を縦断していった。
 台風による被害が出た地域のみなさま、怪我を負われた方には、1日も早い復旧と、怪我が治られることを祈念いたします。
 また、不幸にして亡くなられた皆様にも心からお悔やみ申し上げます。

 今回の台風で昨日の近畿圏の交通網は大打撃を受けた。
 私自身も電車がほとんど動いておらず、父親に乗せてもらい動いている電車のところまで行こうとしたが、全く車が動かず、ナビで名神に行けばいいというので名神の入口まで行ったが通行止めであった。
 そのため、余計に下道が混んでいたようである。
 結局自動車で右往左往して、駅に着くとちょうど電車が来ており、午後1時頃にようやく出勤できたのであった。
 昨日は出勤できなかった方もおられたのではないだろうか。
 自然の猛威の前では人間の営みなどちっぽけなものだと思い知らされた1日であった。

 選挙結果も、組織票がある自民・公明にとっては台風のおかげで好影響が出たのではなかったであろうか(私は豪雨の中投票にいったが)。
 その中で、組織票がない立憲民主党が野党第一党になったというのは、すごいことであるとおもわざるを得ない。
 枝野党首も、これから、市民に約束したことに対する責任も発生し、党の運営も大変であろう。
 古代中国では天変地異は政(まつりごと)をする為政者の悪政のせいだとされた。
 今回の台風は為政者にとっては恵みの台風であったかもしれないが、これ以上の天変地異が起こらぬよう、ただ祈るばかりである。

この記事を書いたプロ

中隆志

中隆志(なかたかし)

中隆志プロのその他のコンテンツ

Share