まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ高知
馬場透

快適空間を創造する新築&リフォームのプロ

馬場透(ばばとおる)

有限会社 馬場建材店

お電話での
お問い合わせ
088-842-3000

馬場透プロのコラム一覧

2017-09-20

古い住宅を今後どうするかを考える際に、リフォームするのか、建て替えするのか、どちらがいいのか迷われることと思います。双方のメリットとデメリットをご紹介しますので、建物の状態や暮らし方、コストなどを含めて総合的に判断しましょう。 住宅を建て替えるメリットデメリットとは ...

2017-09-18

耐震性は、間取りも大きく影響してきます。特に古い家の間取りは地震に弱い傾向があります。現在の建築基準法で定められた、地震に強い家を作る耐力壁や自宅の耐震性を確認する方法をご紹介します。 昔の家によくある間取り 古い家の間取りに多いのは、田の字に例えられる四つの部屋で構...

2017-09-16

地震で倒壊する家のほとんどは古い木造住宅なのですが、瓦屋根のケースが多いようです。地震による倒壊の危険性を避けるためにも、家を建ててから10年以上経過している場合や耐震補強を考えられている方は、葺き替えリフォームの検討をおすすめします。 瓦屋根が地震に弱いと言われる理由 古...

2017-09-14

すでに住まれている家が古く、耐震性に不安を感じられている場合は、耐震補強工事を行って耐震性を向上させることができます。耐震補強の方法は家の状態によって異なりますが、基礎、壁、屋根の補強が一般的です。 家の土台として支える基礎の耐震補強の方法とは 建物の基礎に問題があると...

2017-09-12

1981年6月以前の旧耐震基準で建てられた家は、耐震補強工事をおすすめしています。ですが、それ以降に建てられていたとしても、耐震補強した方がいいのか、判断しにくいこともあると思います。今回は、地震で倒壊する可能性のある、耐震補強が必要な住宅の共通点をご紹介します。 壁の量が少...

2017-09-10

(概要)大きな地震が起こるたびに、耐震補強工事について気になる人は多いのではないでしょうか。最近では、2016年4月に発生した熊本地震で多くの木造住宅が倒壊し、耐震基準を満たした住宅も倒壊被害を受けていたからです。耐震補強工事をする前に、チェックするべき住宅の耐震性の7つのポ...

2017-09-08

新築では起こることはありませんが、長年住み続けていると固いはずの床を踏むと柔らかく感じたり、しずむように感じたりすることがあります。この状態のまま放置するととても危険です。床がもろくなって穴があいたり、床の基礎部分まで痛んでしまう可能性があります。 床がふわふわと柔らか...

2017-09-06

頑丈そうに見える洗面台にも寿命はあり、およそ15年から20年程度と言われています。使い方やメンテンナス次第では10年程度で不具合が出ることもあったり、20年以上使えることもあったりします。洗面台はどのようなサインが出ていればリフォーム時期なのでしょうか。 洗面台の耐用年数は...

2017-09-04

今使われているキッチンの寿命をご存じでしょうか。お風呂と同様に、キッチンを使う頻度やお手入れの状況にもよって違ってきますが、キッチンの耐用年数とリフォームを検討する劣化症状についてご紹介します。 キッチンの耐用年数は一体どれくらい? 一般的には約15年~20年程度がキッチンの...

2017-09-02

お風呂は、メンテンナンスや使用頻度によってリフォーム時期は変わります。大体の耐用年数はありますが、お風呂の状態を見極めてリフォーム時期を検討するといいでしょう。 お風呂の耐用年数は一体どれくらい? 家族構成や使用頻度によって変わりますが、一般的なお風呂の耐用年数は15年と言...

2017-08-31

リフォームのご相談でよく耳にするのが「トイレはどのくらいでリフォームするべきでしょうか?」というご質問です。便器は陶器なので割れない限りは使い続けることができます。ただし、快適かどうかは別問題です。どれくらいを寿命ととらえてトイレをリフォームするといいのか、そのタイミング...

2017-08-29

家が劣化しやすい代表的な場所は、水回りと言われています。もし、何のメンテナンスもせずに、ほったらかしにしていると対処が遅れて大規模なリフォームが必要になる場合もあるので、注意が必要です。こまめなチェックで長持ちさせたいですね。 築年数ごとに注意したい水回りの劣化度合いとは ...

2016-01-21

急に寒くなりましたね。ただいま床暖房の施工をさせていただいております。寒いこの時期とても暖かいですよ。こちらを見て・・・・とお問い合わせいただきありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします

馬場透プロのその他のコンテンツ

Share

馬場透プロのその他のコンテンツ