マイベストプロ香川

コラム

売上を上げる3つの方法

2022年8月5日

テーマ:売上対策

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: マーケティング戦略マーケティング手法経営戦略

マーケティングコンサルタントの森です。

本日のテーマですが、

売上を上げる3つの方法

になります。

でも、
皆さん知っている内容になると思いますが
復習として読んでいただければ幸いです。

売上を上げる方法は3つの方法しかありません。

1、既存顧客との取引拡大による売上拡大
2、新規顧客の獲得による売上拡大
3、新分野・新規事業による売上拡大

になります。

3つ、それぞれを
どうやって売り込んで行くか!
を書いて行こうと思います。

説明が長くなりますので、
6ー7部構成で次回以降、詳しく説明したいと思います。

さて、
上記の3つの方法を実践するのに必要な要素は

新商品(製品・サービス)の提供になります。

そして
新商品(製品・サービス)を開発するのに重要なのは

自社(自分)の強み

を打ち出したものでなくてはなりません。

なぜか
それは、現在の既存顧客は、御社(貴方)の強みを気に入り取引している訳ですから、
全く別の「もの」を作れば
既存顧客からは見放される可能性があります。

それに
自社(自分)のマーケティング活動が「0」からスタートする
事になります。

自社の強み=自社の事業内容(コンセプト)

に沿った商品(製品・サービス)でなければなりません。

例えば
食品製造会社で調味料を製造しているので
1、製造している調味料で加工食品を製造→新分野商品
2、製造技術を活かして新しい調味料を開発→新商品
3、製造技術を活かして、コンサル(機器メンテナンス)業を開設→新規事業
4、自社商品と関連する別のカテゴリー商品を仕入れ販売→×

建築物の板金加工業として
1、素材加工技術を活かして、調理器具やインテリア素材を開発→新分野商品
2、素材加工技術を活かして、オーダーメイド加工事業を開設→新規事業
3、加工技術を活かして新素材の加工に成功→新商品
4、建築関係の繋がりから不動産業を開設→×

などです。

全く「×」とは言いませんが、マーケティング活動自体が「0」からのスタート
になりますので、そこに関わる経費(コスト)は大きく増加しますし、時間も掛かります。

自社の強みを活かすことは、売上に繋がる確率も大きく
そこに掛ける費用も少なくて済みます。

営業活動をする従業員も理解しやすく、自信を持って営業活動が出来るメリットがあります。

この記事を書いたプロ

森修

食品・農業に強い流通・マーケティングのプロ

森修(つながるネット株式会社)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

森修プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
087-805-5011

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森修

つながるネット株式会社

担当森修(もりおさむ)

地図・アクセス

森修プロのコンテンツ