まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
坂部智子

介護サービスのプロ

坂部智子(さかべともこ)

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

コラム

原っぱの想い出

日々ねた

2012年3月28日 / 2012年3月30日更新

昨日、“つくし”を見た。今年初の。
探して歩いているわけではないけれど、けっこう見つけるのは得意。昔から。
たまたま足を止めたすぐ横にあったり、その瞬間に風がそよいで、
姿が顕わになったりと 偶然にも助けられながら。

子供の頃、学校から帰ると、(帰りの寄り道からそのまま~の時も)
昔はあちこちにあった、いわゆる“空地”で、遊んだ。
兄たちは、「角の空き地」とか、「赤土」とか、客観的にわかりやすい名をつけて呼んでいた。

私らは、「クローバ広場(空地の片隅に、ちょこっとクローバがある)」とか、
「ひよこの原っぱ(すみっこにひよこ草が咲いてる)」とか、
そこがどこなのかを、人にはうまく説明できないような名で呼んでいた。
球技をして走り回る兄たちと違って、私らに必要だったのは、草むら。
ちょこっとした、そのスペースがあれば、そこはとっておきの場所だった。
(何をして遊んでいたのかはよく覚えていない・・・)

他にも、一人でいくお気に入りの場所があった。
家のすぐ裏の土手。
小学校2、3年生で、せいぜいアメちゃんぐらいをポケットにいれて、
土手の草むらにしゃがみこんで、日が暮れるまで えんえん一人の時間を過ごしていた・・・

草の間に顔をのぞかせる名前も知らないちっちゃな花、
海が見えて、風が吹いて、
ふと思い出して、斜め後ろを振り返ると、家の屋根がちゃんと見えて。
なんというか、ちゃんと確認できる距離に安心があったうえでの 一人の心地よさ、
そういうものを子供の頃からすでに見つけてしまっていたのかな・・・
(よかったのか、わるかったのか・・・・)

十分すぎる大人になった今も、
遠い記憶の 草むらの風景に、昨日みたいな日常で見つける風景が積み重なっていく。
その時 目に映った景色。吹いていた風。誰といたとか。
そんなふうに また新しく刻まれていくコトが、
心の中の居心地のいい場所とつながっていくというのは、
とても豊かで 幸せなことだと、思った。

この記事を書いたプロ

坂部智子

坂部智子(さかべともこ)

関連するコラム

坂部智子プロのその他のコンテンツ

Share

坂部智子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坂部智子

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

担当坂部智子(さかべともこ)

地図・アクセス

坂部智子プロのその他のコンテンツ