まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
坂部智子

介護サービスのプロ

坂部智子(さかべともこ)

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

コラム

いよいよ夏野菜

日々ねた

2014年5月8日 / 2014年8月1日更新

3月末に亡くなった父が遺した「畑ノート」に、
「2014年夏野菜の計画」がしっかり書き込まれていて・・・と先月書いた。
その遺志?をついで、昨年夏以来、多少は父から仕込まれ?てきた“畑部”で、
なんとか形にしていこうと、ぼちぼち取り組んできました。

秋に父が植え付けた玉ねぎの「極早生」と、なかなか成長しなくてずいぶん心配した「エンドウ」が、ようやく収穫できるようになりました。


さあ、次はいよいよ夏野菜。
4月末の土曜日に、「苗がちがう(丈夫で美味)」と父が毎年買いに行ってた三木の苗屋さんへ、
父の指示書を持って買い付けに行ってきた。
トマト10本
なす10本(これは、長ナスと普通のを5本ずつにした。ちなみに去年は長ナス10本。今年はどうする?と父から聞かれていて、答えは出してなかった・・・)
きゅうり10本
ピーマン5本
オクラ6本、ゴーヤ5本(父の指示書では“種”だったけど、確実に・・・と苗にした)
枝豆の種(インゲンのところ、あまり好きではない・・・という部員2名ありで変更した)

予定していた29日は雨だったので、3日に植え付けに行った。
父は買ったらすぐに植えていたので、一週間も置いていることにすでにかなり不安が増す・・・
しかも、昨年の畑部発足は、夏野菜の植え付けが終わった後からだったので
(5月末に父の胃ガンが見つかって入院することが決まって以降)、そこは未知の領域。
父のノートの過去の記載を探しつつ、畑教本(父愛用のバイブル)を繰りつつ、
すっかり植え付けが終わっている周りの畑を横目で見つつ、
ビニールシートを敷き、間隔を測って穴を開け、植え付け、仮支柱を差し、
なんとかかんとか、周りと比べてもそう変わらんぐらいにできたよう。
これは、トマト。


畑のほぼ全景・・・広すぎて、持て余す気持ち・・・お分かりいただけますかな・・・


しかし、ズルして苗から植えたにも関わらず、オクラが1本を残して全滅・・・
逆にゴーヤは元気に伸び過ぎて、もう仮支柱では丈が足りん・・・
ということで、6日に再度オクラの苗をまた三木まで5本買いに行き、ゴーヤの支柱も立てたのでした。

今週末には、トマトやキュウリも本支柱を立てなアカンやろうし、
エンドウと玉ねぎの収穫も急ピッチでせなアカン。
寒さと日照りと虫の心配もある。

父のノートを見たら、全部ちゃんと書いてあってその通りにしたら出来る・・・ぐらいに思っていたけど(←そもそも甘い)
父の性格上か、書いてあるのは、その時にやったことのみ。
そうやったら、どうなったか・・・というのが、無い。
次の年にやったことが変わっていたら、なんかがあって変えたんやな・・・とはわかるけど、なんでかは、わからん。
注意事項がまとめて書いてあるところもあるけど、
何がアカンかって、注意しなあかんのかが、わからん。
・・・困った。

毎年毎年繰り返して、積み重ねていった父の20年分の体験。
ノートには、その事実がぎっしり、びっちり書き連ねてある。

まずは、やってみよう。
やってみんとわからんのやろうな。
兄も加わっての畑部員(いちおう総勢5名?)で、おっかなびっくり手探りで。

これら全てを、昨年の5月まで父一人でやっていたということに、
本当にホントにしみじみ、すごいなあと思う。
またおいおい報告します。
がんばるゾ!

この記事を書いたプロ

坂部智子

坂部智子(さかべともこ)

関連するコラム

坂部智子プロのその他のコンテンツ

Share

坂部智子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坂部智子

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

担当坂部智子(さかべともこ)

地図・アクセス

坂部智子プロのその他のコンテンツ