マイベストプロ神戸
髙岡恭平

人生100年時代の健康と家計を守る天然木リフォームのプロ

髙岡恭平(たかおかきょうへい) / 福祉住環境コーディネーター

森林浴生活株式会社

お電話での
お問い合わせ
078-742-6601

コラム

マンション用フローリングに異議あり!

2012年6月7日 公開 / 2019年8月6日更新

テーマ:マンション 床 遮音

コラムカテゴリ:住宅・建物



クッション材が床に残っています。


グラインダーで接着剤も取ります。


きれいに削り落としました。


マンション用に使われるL-45等級床材は、裏にクッションの付いたあの歩行感のふわふわしたものです。これはコンクリート床面の若干の凹凸をならせば接着剤で簡単に施工できるので最もポピュラーな商品です。

しかし、遮音性能の長期間の維持という観点では異議があります。
私は築25年の中古マンションを買いましたが、歩いていると足の指先でぺきぺき音がなります。
クッション付フローリングが施工されたのは10数年前のことだったらしいのですが、
はがしてみると写真のような有様でした。フローリングの裏についているクッションが劣化していたのですね。

劣化が進むにつれて階下に音が響いていたはずです。床は一旦貼るとやり替えは面倒です。
マンションでご近所さんとなかよく暮らすためには、別の技術が必要です。

この記事を書いたプロ

髙岡恭平

人生100年時代の健康と家計を守る天然木リフォームのプロ

髙岡恭平(森林浴生活株式会社)

Share
関連するコラム