まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
髙岡恭平

人生100年時代の健康と家計を守る天然木リフォームのプロ

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

お電話での
お問い合わせ
078-766-2435

髙岡恭平プロのコラム一覧:マンション 和室 

8/6のyahoo天気の最高気温予報は、大阪38℃、京都・奈良37℃、大津・和歌山36℃で私の地元神戸でも35℃です。これはもう殺人的な暑さですね。①自宅モデルルームでは木製内窓と杉の置き床生活で窓・床断熱②事務所ではガラス遮熱フィルムと木製内窓の窓断熱で、ほぼ完ぺきな夏対策を採っています...

【イグサのオブジェ、アジュールさんの奇跡のイグサ製】天然木でマンション生活の諸問題を研究してきた森林浴生活では、鉄筋コンクリート造マンションの最大の問題は、「コンクリートが呼ぶ湿気」と「内外温度差による結露」であると結論づけています。漏水事故時のコンクリートの透水性と...

【この写真、どう思います?】「エアコンを交換したら、下地が丸見えになった。どうしたらいい?」お施主様から突然お電話を頂いてすぐに見に行かせて頂きました。量販店に依頼してエアコンを交換したのですが、古い機種よりも小さくなったのでクロスを貼っていない下地が見えてしまった...

【桧一枚モノカウンター、桐の引き戸、和紙畳、御簾戸】最近はマンション和室をなくす傾向が強いのですが、私はどちらかと言えば反対です!理由は…① ちょっとそのまま横になれる部屋があると気楽。② マンションによくある狭い洋室は椅子や机などを置くと狭い。③ 畳(薄畳は除く)はりっぱな遮...

【アルテピアⅡ番街で貼りかえたM様邸】ここ最近、襖(ふすま)紙貼り替えのご依頼が立て続けに有りました。正直なところ、襖についてはよく知らなかったのですが、須磨区で古くからやっている表具屋さんのご主人とご縁があり、教えを乞うことが出来ました。襖には大きく分けて、和ふすまと量...

【4.5帖の枠組みが出来ました】かつて和室は生活の中心でしたが、戸建・マンションを問わず、和室の需要がどんどん減っていきました。その変遷をここで述べるつもりはありませんが、私は、スペースが許す限り、和室はマンション生活には必要なものだと思っています。【元々は6帖間でした】...

窓も床の間もない、単なる押入れだけのマンション和室を、私好みに改装しました。今月23日(土)にプレオープンする新モデルルームの和室です。(神戸市須磨区清水台1番地の9グレーシィ須磨アルテピアⅢ番街1期棟203号)【リビングとの和室の出入り口に御簾戸】リビングとの出入り口には、古...

これから3戸目のモデルルームで新しいマンション和室を作るのですが、私が過去に取り組んだ実例や見て納得した和室の使い方をご紹介します。一つ目は置き囲炉裏のある古民家風の和室です。私が以前、某工務店の営業代行をしていた時に受注したメゾネットタイプのマンションの1階洋室をリフォーム...

細長い民間分譲のマンションの和室は、大体間取図の中心でリビングに隣接して配置されています。しかも、コーナーで開口を大きく取り、クロス貼りの戸を引き込むようにしています。例えばこんな間取りです。住友林業ホームサービスで売りに出されているグレーシィ須磨アルテピアの一室です⇒http:/...

髙岡恭平プロのその他のコンテンツ

Share

髙岡恭平プロのその他のコンテンツ