マイベストプロ千葉
  1. 住宅を購入したばかりで転勤…住宅ローン控除はどうなる?
中村諭

家族の笑顔を支援する住宅ローンのセカンドオピニオン

中村諭(なかむらさとし)

住宅ローンソムリエ(R)

コラム

住宅を購入したばかりで転勤…住宅ローン控除はどうなる?

2019年6月6日

テーマ:住宅ローン

【質問】
住宅を購入したばかりなのに、転勤になってしまいました。子供の転校のこともあるので住民票も移します。
いつ再転勤になるかも分からないので、空き家にして転勤しますがこの場合、住宅ローン控除は継続して受けられますか?

【回答】
住宅ローン控除は本人が住んでいることが条件ですので、今回のケースでは残念ですが受けられません。

ただし、「転勤等その他これに準ずるやむを得ない事由」によるものであれば、戻ってきた時に住宅ローン控除の適用期間が残っている場合は、再度、残りの期間は控除を受けることができます。
手続きとしては、転居前に「転任の命令等により居住しないこととなる旨の届出書」を税務署に提出する必要があり、その後、再適用を受ける最初の年には、基本的には確定申告が必要です。

なお、単身赴任でご家族がそのまま自宅に住むのであれば、住宅ローン控除はそのまま継続して受けることができます。
詳しくはお近くの税務署にお問い合わせください。

----------
↓ 弊社HPも是非ご覧ください ↓   
https://www.shinkyo-jp.com/【住宅ローンソムリエ®】
↓ ご相談はこちらからどうぞ ↓
https://www.shinkyo-jp.com/contact/
----------
《貸金業登録》
ローンの借り換え・銀行交渉を事業として行うには、貸金業免許の取得(金融庁への登録)が必要ですが、
弊社は、金融庁登録済み[千葉県知事(1)第03882号]のFP事務所ですので、安心してご相談ください。
無登録で行うと「10年以下の懲役」か「3,000万円以下の罰金(法人は1億円以下)」が科されるようです。
弊社は「住宅ローン・アパートローン」に関して、法律を正しく遵守したいFPや税理士さんからのご依頼も多数ある、「融資媒介を業とする」FP事務所です。

この記事を書いたプロ

中村諭

家族の笑顔を支援する住宅ローンのセカンドオピニオン

中村諭(住宅ローンソムリエ(R))

Share
関連するコラム

中村諭プロのコンテンツ