まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

地震で倒れた塀の記事から④~報道についての意見2

前回の続きです。
鉄筋の間隔は80㎝なっていますが、ブロック一丁の長さは40㎝ですから2丁に一本入っていたことになります。現場を見ていないので想像ですが、40㎝でアンカー工事をすれば、壁が穴だらけになり弱くなってしまうと考えて80㎝ごとにしたのではないかと思います。プールの壁の厚みが20cm程であれば、40㎝ごとに穴を開けアンカー工事をするのはためらうのは当然だと思います。

次に控え壁がないことについてです。控え壁はブロック塀と直角に積みますから、出っ張ってしまうため道路側に控え壁を作れません。そう考えると控え壁はプールの内側に作ることになり、控え壁が内側に出ていればブロックに当たってケガをする可能性があります。プールを利用するとき小学生は水着ですから、なおさら控え壁を内側に設けることはできないと思います。



前回と今回書いたように、後施工で法律通りの施工をすることは不可能だと考えられます。つまり、ブロック積みの工事を採用したことが間違っていると私は思っています。

ブロックの積み方が法律違反という報道はありますが、この工事を決めたことに問題があるという報道を私は聞いていません。

※今回と前回に書いた私の指摘は、コンクリートブロックの工事に関ったことのある人なら誰でも知っていると思います。それほど、難しくない工事の基本です。

次回は、『地震で倒れた塀の記事から⑤~元々の目的は』です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

鈴木敏広(すずきとしひろ)

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ