マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ) / 一級建築士

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

足場を架けたら⑥~体験談 下地を張り替えた現場

2018年3月9日

テーマ:仮設

コラムカテゴリ:住宅・建物

 以前、塗装業者から、軒天が傷んでいるから張り替えてほしいいと連絡があったことがあります。見に行くと軒天は耐水合板に塗装してありました。長い間に雨や風に当たり、下地の合板が傷み合板の表面が割れたため塗料がひび割れていたのです。これは工事の方法が悪いわけではなく、長い年月で材料が傷んだためです。

 塗装工事は、下地に薄い膜を貼ることと同じで下地が悪ければ薄い膜はすぐに破れてしまいます。

 当然、軒天をめくり張替して塗装しました。この場合は、塗装業者がこのまま塗っても塗装がすぐに傷んでしまうと判断したからよかったですが、車で走っていると築30年以上経っている家でもどこも修理しないで塗装している現場があります。せっかく足場を架けても塗装工事をするだけ、下地が傷んだ場所はどこもないのかと思ってしまいます。

足場を架けて塗装するときは塗る前に下地のチェックをしないともったいないのです。


足場を架けたら⑥

次回は、『足場を架けたら⑦~点検する場所』です。


---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(まちの大工さん 鈴木工務店)

Share
関連するコラム

鈴木敏広プロのコンテンツ