マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ) / 一級建築士

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

続 聴竹居を訪ねて②~三つの空気の流れその1

2017年9月15日

テーマ:四方山話

コラムカテゴリ:住宅・建物

藤井厚二は気温、湿度などを調べて、日本では夏に快適に過ごすことが住宅に重要だと考え、そのために風をコントロールする必要があると考えました。90年前はエアコンもありませんから、自然の風を利用して如何に快適に生活できるかを実現したのが聴竹居です。

東南に面した縁側から風が家の奥まで入りますが、よく考えられているのはその風の質です。縁側の外の庭は緩やかに下がっていますから、南東の風は下から登るように入ってきます。その風は中に入る前に、縁側の前に植えられた楓と低木の間を通ってきますから、真夏のムシムシとした風は木陰の涼しい風に変わって入ってきます。そして、風の量は引き違いの窓で調整することができます。

広縁に入った風は部屋の中に入っていきますが、広縁の天井には開閉できる換気口が付けられています。暖かい空気は軽く、冷たい空気は重いですから縁側に入った涼しい空気は下に縁側の暖かい空気は上に行き天井裏に抜けていきます。家の奥へは涼しい空気だけが入っていくことになります。

また、縁側と居間の境、居間と客室の境の欄間は引き戸で開閉できるようになっています。客室と居間の暖かい空気は一室にこもらないで、縁側の天井から抜けるようになります。

続聴竹居②

次回は、「続 聴竹居を訪ねて③~三つの空気の流れその2」です。

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(まちの大工さん 鈴木工務店)

Share
関連するコラム

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのコンテンツ