まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

「新耐震住宅でも倒壊の恐れ8割」の記事より~なぜ倒れない家を調査しないのか?②

四方山話

2014年9月17日

阪神・淡路大震災時には、「倒れない家」もありました。なかでも神戸市東難区の天王寺谷棟梁が建てた家は、169棟中倒壊は”0”です。しかもあの倒れた阪神高速の脇に40棟も建っていたのです。とても偶然とは思えません。1995年当時、天王寺棟梁が建てた家は築30~40年が多く、ほとんど1981年以前の建築基準法です。

地震に強い、倒れない木造住宅とは○○年の建築基準法を満たしている家だけではないのだと思います。もしかしたら、天王寺谷棟梁の建てた家を現行の基準で判断したら、耐震評点が1.0未満「倒壊する」となるのではないでしょうか。いつも倒れた家のことは記事になりますが、倒れなかった家は記事になりません。倒れなかった家を詳しく調べ、その内容を公開する必要があると私は思います。

国交省の建築指導課は、1981年以前の旧耐震住宅の耐震化を優先して進めていますが、現実には2000年以前の住宅にも耐震化を推進すべきだと思います。大阪市は、1981~2000年の建設された木造住宅に120万円の補助を出して耐震化を進めています。

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

鈴木敏広(すずきとしひろ)

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ