まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ)

まちの大工さん 鈴木工務店

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

コラム

孤篷庵(こほうあん)を訪ねて2015-4~二つの庭 

四方山話

2015年10月9日

昨年は人が多く「忘筌」の前、本堂の西の畳敷きの場所の説明はよく分かりませんでしたが、今回はちゃんと見ることができました。ここが座敷舟に見立ててあるので畳に座って庭を眺めるように言われ、下がっている御簾と座ったため遠くは見えません。視線の先、下に見えるたくさんの那智石は水を表しているという説明でした。この石は忘筌の庭につながっています。

よく考えるとここは部屋ではなく、前庭の板張りの床からの続きで忘筌へとつながる回廊(廊下)ですが、この部分だけ畳敷きになっています。本堂の西の礼室から見るだけでなくここに座っても庭を眺めるように考えているようです。

孤篷庵2015-4

孤篷庵には入り口の前庭と近江八景の庭の二つしかないという説明がありました。

遠州は一つの庭を違った風景に見える様に設計したことになります。前庭の庭から右に曲がり(座敷船に見立ててある)ここで座ると近江八景の庭を東側から少し見て(前述のように御簾のため庭の本来の大きさはここではわからない)、そこから進むと忘筌の小さな庭が見える(垣根と障子で近江八景の庭は見えない)。近江八景の庭全体は直入軒に行かないと見えない、という演出です。(※忘筌、直入軒と近江八景の庭の関係は「孤篷庵を訪ねて5」を参照してください。)

続いて忘筌へ。忘筌は昨年、説明をよく聞いていたので確認するように聞いていました。今年は人が少ないので座ってみることができ、忘筌の庭をゆっくり見ることができました。

次回は「孤篷庵を訪ねて2015-5~直入軒の壁」です 

---------1955年以来の信頼と実績--------------
      まちの大工さん 鈴木工務店
TEL : 0532-32-4265 FAX : 0532-32-4251
E-mail : machino-daikusan@h3.dion.ne.jp
◆住まいに関することは何でもお気軽にご相談下さい
---------------------------------------------

この記事を書いたプロ

鈴木敏広

鈴木敏広(すずきとしひろ)

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木敏広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0532-32-4265

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木敏広

まちの大工さん 鈴木工務店

担当鈴木敏広(すずきとしひろ)

地図・アクセス

鈴木敏広プロのその他のコンテンツ