Mybestpro Members

髙橋勇也プロは朝日新聞が厳正なる審査をした登録専門家です

ROW関数(初心者向け)

髙橋勇也

髙橋勇也

テーマ:Excel小ネタ

【第5弾】現場でよく使っていたExcel関数をご紹介します。

今回は【ROW関数】
セルの行番号を求めるための関数となります。

ROW関数の書き方は
=ROW(行番号を調べたいセル)

下記のように[A2]セルを指定してみると

row①

[A2]セルの行番号は「2」となるので、「2」と返ってきます。

row②

カッコ内を空白にすると、関数が入力されたセルの行番号を自動で持ってくるため、同じ結果となります。

row③
row②

ROW関数を使う機会として、表の項番を振るときに便利です。
例えば、以下のようなフルーツの一覧があったとします。

ROW例①

A列の項番を手入力している場合、途中に行を追加したり、削除をすると項番がずれてしまいます。
毎回採番しなおすのは手間になるため、ROW関数を使ってみましょう。

「=ROW()」で「2」が返ってくるので、そこから1引いた値を項番として設定したいので、
=ROW()-1 と入力すると。

ROW例②

項番に「1」が出力されました。

ROW例④


下記のように途中に行を追加しても自動的に採番するので、手直しが不要になります。
ROW例③

Excelで表を作成する機会は多く、他の関数と比べると簡単なものなので、ぜひROW関数を活用してみてください。

リンクをコピーしました

Mybestpro Members

髙橋勇也
専門家

髙橋勇也(パソコン教室経営)

株式会社イントロダクション

キャリアや収入アップに直結しやすいExcel VBAを中心に、Excelに特化したコースを展開。IT人材事業のネットワークを生かし、スキルアップから転職活動まで1対1の個別指導で手厚くサポートする。

髙橋勇也プロは朝日新聞が厳正なる審査をした登録専門家です

関連するコラム

プロのおすすめするコラム

コラムテーマ

コラム一覧に戻る

プロのインタビューを読む

収入アップやエンジニアを目指す人の学びを支援する専門家

髙橋勇也プロへの仕事の相談・依頼

仕事の相談・依頼