まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
谷光高

初心者にゴルフの素晴らしさを教えるプロ

谷光高(たにみつたか)

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

お電話での
お問い合わせ
079-565-2111

コラム

ゴルフコースにある様々な形状のパッティンググリーン

ゴルフコースの管理や設計などの知識

2015年1月6日 / 2018年9月8日更新

ゴルフコースの設計上、パッティンググリーンの様々な形状によって名称がそれぞれに付けられています。
ゴルフコース設計について書かれた「ゴルフコース好奇心」(マサ・ニシジマ著)という書籍から紹介させていただきます。

オルタネート・グリーン(ALTERNATE GREENS)

日本の多くのゴルフ場で見ることができる「1ホール2グリーン」及び「サブグリーン」。この「1ホール2グリーン」にも「オルタネート・グリーン」という名前が付けられています。

各ホールがメイン、サブの2グリーンからなる日本に最も多く見られるスタイルですが、1960年以前はアメリカでも採用されていました。メンテナンス上から生まれたアイデアですが、単純に2つのグリーンをメガネ状に並べてセットされたようなコースの評価は、あまり高くありません。

マルチ ティアレッド・グリーン(MULTI-TIERED)

一般的にいう2段グリーンや3段グリーンのことです。

グランドレベル・グリーン(THE GROUND LEVEL)

フェアウェイに対して、グリーンが同じ高さにあるもの。オーガスタ・ナショナル ゴルフクラブの設計者アリスター・マッケンジーは、このグリーンを基本としたそうです。

ティルテッド・グリーン(THE TILTED GREEN)

プレーイングゾーンから見て、グリーン面が受けているもので、日本でいう「受けグリーン」のことです。設計上では、ガードバンカーとの兼ね合いで、グリーンの全面部分が、左右のどちらかに傾斜しているものが良いとされています。

フォールアウェイ・グリーン(THE FALL-AWAY GREEN

ティルテッド・グリーンとは反対に、グリーンの面が中央部から奥に向かって下がっているものを言います。日本ではあまり見かけませんが、英米のコースでは多く見られるそうです。設計上、ティーインググラウンドやフェアウェイのプレーゾーンから、グリーンの傾斜が確認できることが望ましいとされています。

プラトー・グリーン(THE PLATEAU GREEN)

アプローチエリアより高地にセットされたグリーンのこと。日本では一般に「砲台グリーン」と呼ばれています。この種のグリーンは様々なスタイルがありますが、高台にあるため、グリーン面が見えにくいものが、その条件を満たしていると言われています。

パンチボウル・グリーン(THE PUNCHBOWL GREEN

グリーン周辺の地形の起伏が、そのままグリーン面に流れ込み、四方のエッジがグリーン中央部よりも高い位置にあるため、全体がすり鉢状のように見えるグリーンのことです。

アイランド/グリーン(THE ISLAND GREEN)

池や砂地の中に浮島のように造られたグリーン。プロゴルファーたちに「悪魔のゴルフ設計家」と呼ばれる有名なコース設計家ピート・ダイ(1925年~)によって一躍広まりました。

ポテトチップス・グリーン(POTATO CHIPS GREENS)

グリーン上を複雑なアンジュレーションになるように造成した結果、ポテトチップスのような形に見えたことから、この名称が使われるようになりました。

馬蹄型グリーン(HORSE-SHOES GREEN)

溝やバンカーを左右または前後に囲む「蹄鉄」に似た形状のグリーンのことで、イギリスのリンクスコースで、グリーンを拡張していったことから、結果的にこのようなスタイルとなりました。その後、グリーンセンター部分がフラットだと。直接ホールを狙えず、最低2パットになってしまうということで、センター部分を高くして、左右のどちらに落ちたボールも1パットの可能性を作り出すようにしました。

ダブル・グリーン(THE DOUBLE GREENS)


セント・アンドルーズ ゴルフクラブのオールドコースが起源と言われています。2つのホールで1つのグリーンを共有するコースレイアウトのこと。つまり、1つのグリーンにホールが2つあり、それぞれのホールを別々のパーティが同時にプレーします。当然、グリーンは巨大で、基本的にはお互いのプレーは干渉しないようになっています。

古いタイプのリンクスは、海岸線に沿ってホールが連なるレイアウトになっていることが多いため、前半と後半が折り返しで、ホール同士が隣り合わせになっています。これによりグリーンを共有するこのシステムが生まれました。セント・アンドルーズ ゴルフ
クラブのオールドコースでは18ホール中、実に14ホールまでが「ダブル・グリーン」となっています。

日本のゴルフ場にもその地形や造られた年代によって、様々なグリーンの形状が存在します。ぜひ、パットのラインだけでなく、それぞれのグリーン全体の形状も見ながら楽しんでみてはいかがですか?
*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
『なぜ、ゴルフ場でジーパンはNGなのか? ~もう迷わない。ゴルフ場での服装選び』
amazon 電子書籍本の販売ページはこちら(kindle版)
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

谷光高

谷光高(たにみつたか)

谷光高プロのその他のコンテンツ

Share

谷光高プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
079-565-2111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

担当谷光高(たにみつたか)

地図・アクセス

谷光高のソーシャルメディア

twitter
有馬カンツリー倶楽部
2018-06-28
facebook
Facebook

谷光高のソーシャルメディア

twitter
有馬カンツリー倶楽部
2018-06-28
facebook
Facebook