まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

お電話での
お問い合わせ
086-276-4911

コラム

抜歯は是か非か?

入れ歯

2013年9月10日 / 2014年7月3日更新

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



入れ歯の相談をお伺いすると、
「残っている歯をできるだけ抜きたくない」と言うご希望をお伺いすることがあります。

もちろん歯をできるだけそのまま残すと言う考え方には賛成です。

しかしその歯の状態が悪く、腫れることが多かったり、
動いて痛みを伴い噛めなかったりすることが多くなると、
現実にはそのままの状態では使用が難しく、抜歯をお勧めすることがよくあります。

もしその歯を抜かずに新しい入れ歯を作ったとしても、その歯を残したばかりに痛みを伴って
うまく噛めないばかりか、新しい入れ歯を使用することができなくなります。

従って、私はカウンセリングの時に患者さんのご希望に反しますが、
「この歯を抜かなければ、新しい入れ歯は作れません」とお話致します。

もちろん、患者さんのご希望は承知の上です。

それはせっかく作った入れ歯をできるだけ長くお使い頂きたいと考えているからです。

特に残っている歯が少なくなっている場合や、前歯が無くなると顔が変わってしまうと思われたり、
とそのような場合に患者さんは抜歯に対して色々と悩まれます。

そのような時は今お使いの入れ歯を抜歯後早く修理をしたり、また治療用の入れ歯を作ったりして
患者さんの日常生活にできるだけご不便をお掛けしないように、努めています。

色々とお悩みはお在りでしょうが、ご遠慮なくご相談いただきます様にお願い申し上げます。

必ずお電話にてご予約の上、ご来院下さい。


この記事を書いたプロ

津谷良

津谷良(つたにりょう)

津谷良プロのその他のコンテンツ

Share

津谷良プロのその他のコンテンツ