マイベストプロ新潟
石井順子

金融機関20年の経験からアドバイスするお金のプロ

石井順子(いしいじゅんこ) / ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

コラム

コロナ禍は目先のお金のことだけを考えがちですが…

2021年10月11日

コラムカテゴリ:お金・保険

コラムキーワード: ファイナンシャルプランナー 相談ライフプラン 相談

人生100年時代を最後まで楽しくするには?

コロナ禍、健康不安だけでなく
お金の不安も大きいです。
感染が下火になっても
まだまだお金の心配は尽きません。
コロナになって仕事を休んだら?
お金はどう備えればいい?
そんなご相談も最近多いです。

自分がコロナに罹って仕事を休めば
会社員なら傷病手当が出ます。
生命保険に加入していれば
入院の場合、給付金がもらえます。
自宅療養でも入院とみなされる診断書があれば
生命保険の請求ができます。

目先のことは、普通預金などの
いつでも入れたり出したりできる
流動性資金があると安心です。
流動性資金は会社員の方なら
100万円ほどあればなんとかなりそうです。

自営業の方は仕事を休む場合の
運転資金も必要なので
もう少し多く準備したいです。
銀行に借りれたらいいのですが
難しいかもしれません。
半沢直樹でしたでしょうか、
銀行は
晴れの日に傘を貸し
雨の日に取り上げる
名言です。

目先のお金はすぐ準備できることが大事ですが
老後のお金など、ずっと先のお金は
ちゃんと運用すること。
つみたて投資で安定的にしっかり増やします。
途中、増えたり減ったり相場で変化します。
途中は使わないので気にしません。
どうでもいいです。
どうでもいいことを気にするだけ
時間の無駄、疲れます。

つみたて投資なら、ちゃんと長期運用できれば
お金は増やせます。
初めて間もない場合は元本割れも多いです。
流動資金が乏しいのに
つみたて投資をがんばりすぎると
損することがあるかも。
流動資金がなくて目先のお金が困って
儲かっていなくても
投資信託を解約なんてことは
本当に損失です。
やめましょう。

親元から独立し就職して
結婚して子どもが生まれてマイホームを購入する。
普通な感じです。
ただ、どのように働き、どのようにお金を使い
どのように将来資産を準備するかは
人それぞれです。

占いでもわからない未来に
何があってもある程度大丈夫のように
お金を備えます。
今も楽しく生きなければいけません。
将来だけ準備しても残念です。
バランスが大事です。

家を購入する時もよく考えます。
終の棲家なのか
最終的に子どもは継いでくれるのか?
そうでなければ売却するのか?
老後はどのように過ごすのか?
どんな場面でもいつもお金は必要です。

大事なことは、心身ともに健康でいること。
家族も元気で仲良くできること。
元気でいるのは自分で努力できるけれど
家族の問題は自分だけでは難しいです。
夫婦、親子、それぞれみんな悩みがあります。
おひとりさまもそれなりに悩みはあります。
みんな何かしら不安を抱えて生きています。

ライフプランは一回やれば
いいわけではありません。
大きな変化があった時見直すものです。
自分一人では難しいです。
私が一緒にお手伝いします。
安心してください。
お付き合いしているお客様も
何か問題があればいつもすぐに連絡してくれます。

新潟のFP石井順子
 お問い合わせは 
 電話 090-1404-7204
 ホームページ  http://fpjun.on.omisenomikata.jp/

お金のこと悩んだら
FP石井順子に聞いてみて!
https://mbp-japan.com/niigata/fpjun/inquiry/personal/

この記事を書いたプロ

石井順子

金融機関20年の経験からアドバイスするお金のプロ

石井順子(ファイナンシャル・プランナー 石井順子)

Share

石井順子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-1404-7204

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石井順子

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

担当石井順子(いしいじゅんこ)

地図・アクセス

石井順子プロのコンテンツ