まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ新潟
石井順子

金融機関20年の経験からアドバイスするお金のプロ

石井順子(いしいじゅんこ)

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

コラム

人生100年時代を安心して生きる老後資金は大丈夫でしょうか?

2018年2月12日

安心な老後に大事なことは健康で長く働き続けること!

日本人はとても長生きになりました。
子どももたくさん生まれないから
どこを見ても
お年寄りが多いなぁ、って
いう感じです。
今の70歳、80歳代は
やっぱりそれなりに
老化を感じる方は
多いのでしょう。

今の平均寿命は
男性81歳、女性87歳です。
これは生まれたばかりの赤ちゃんが
平均して生きられる年齢です。
この先、医学や文明が進むと
日本人はもっと長生きになります。
人生100年って
普通になってくると思います。

今の定年が標準で
まだ60歳でしょう。
延長雇用で65歳までの
会社が増えています。
65歳まで働いて
100歳まで35年です。
ただでさえ今の公的年金だけでは
暮らしていけない雰囲気です。
国の方も
日本人の長生きには
対応していけてないので
65歳支給開始を
遅らせる方向で考えているでしょう。

そうすると
老後に3000万円あればいいですねって
いっていたところが
4000万円から5000万円ないと
間に合いませんってことになっちゃう。
だから漠然と
老後のことが不安で
焦って運用もがんばらなくちゃ
ということなんでしょう。

老後の資金が不安なことばかりに
目がいっちゃって
日本人が100年生きられるっていう
うれしいことがぼやけています。
長生きすれば
いろんなことが体験できます。

平安時代に比べたら
今だって超長生き社会です。
進化すれば長生きなんて
当たり前です。

介護も長いといいますが
医学は進んでいます。
生活も進化して
暮らしもよくなっています。
今のシニアより
10年、20年先のシニアは
もうシニアではないかもしれません。

私が生まれたばかりの
赤ちゃんの頃の写真に父と母の母たち
おばあちゃんたちが写っていますが
確か40代後半のアラフィフだったと思います。
ものすごく老けています。
今と20歳くらいの差があります。

今は健康と美をとても重視します。
アンチエイジングでとても若いです。
私の父は80歳代ですが
昔ならほぼほぼ
寝巻をきて
寝室が主な居場所でしょう。
今は家事を手伝ってもらっています。

寿命が延びているということは
日本人が若返って
元気になっているんです。
素敵なことです。
まだまだ体も頭も働きます。

人口減少で日本の労働力が
減っているといいますが
こんなに元気なんだから
ずっと働いていけば
いいんじゃないでしょうか?
死ぬまでの残り35年を
貯蓄を消化するだけなんて
不安過ぎるし、たいくつすぎます。

何も若い人と同じく
ハードに働けとは言ってません。
若い人の助けになるよう
楽しく働けることが理想です。
年金に期待せず
自分の体を大切にして
少しでもいいから長く働くことが
これからの幸せにつながります。

そして得た収入の中から
長期の積み立て投資をしていけば
リタイアメント後の資金もできてきます。
人生100年時代の幸せの鍵は
・健康
・就業
・運用
ですね!

新潟のFP石井順子
 お問い合わせは 
 電話 090-1404-7204
 ホームページ  http://fpjun.on.omisenomikata.jp/

人生100年
いろんなことを楽しみたいです。
ライフプランの相談は
FP石井順子に聞いてみて!
https://mbp-niigata.com/fpjun/inquiry/personal/

この記事を書いたプロ

石井順子

石井順子(いしいじゅんこ)

石井順子プロのその他のコンテンツ

Share

石井順子プロのその他のコンテンツ