まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ新潟
石井順子

金融機関20年の経験からアドバイスするお金のプロ

石井順子(いしいじゅんこ)

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

コラム

老後の面倒をみてくれる人は誰でしょう?思い浮かばない人はお金の準備が絶対必要!

2018年2月20日

独居の高齢者はお金も心も不安です!

国が発表した
世帯数の将来推計によると
2040年には
世帯主が65歳以上の高齢世帯は
全体の44%になります。
その4割はひとり暮らしです。

先程の2040年の高齢世帯の
54%は75歳以上です。
あなたはどちらに該当しそうですか?
私くらいの年齢の
子育てが終わった世帯の方たちは
子どもが巣立ち
夫婦2人暮らしがほとんどです。
離婚して一人暮らしも多いです。
女友達の再婚はあまり聞きません。
夫が亡くなれば
私も初めての一人暮らしになるかな。
夫が先に亡くなるとは
限りませんが。
でも少し自信があります。

今まで世の中の標準だった
夫婦と子どもという家族の世帯も
以前の4割から現在は27%。
そして2040年にはさらに減り23%。
逆に総世帯の中の
1人世帯は4割ほどに増えます。
少子化の影響だから仕方ないです。

問題は将来のこと。
高齢の夫婦だけでも大変です。
体が不自由になったら?
認知症になったら?
お互いに支えあう老老介護です。

配偶者が離婚や死別で
1人になったら?
ずっとおひとりさまは?
将来誰を頼りますか?
みんなが結婚しなかったり
子どもを持たなかったりで
親戚も少なかったり
お付き合いが無かったり。
兄弟姉妹たちもずっと独身で
1人暮らしで
成人してから全く
会っていないという方も聞きます。
そして相続でもめたり。
悲しいことが多いです。

頼る人がいない独居の高齢者。
精神的にも不安です。
精神不安が
健康不安につながったりすることも。
経済的に大変だと
さらに具合が悪くなることも。

専業主婦の方は
夫が亡くなると年金も減り
経済的に大変になるケースも。
夫が会社員ならいいですが
自営業の旦那様の場合は
奥様が未亡人だと
老齢基礎年金しか受け取れません。
資産がないと
月数万円でやっていかるかどうか。
不安です。

国はずっと前から
国民にお願いしています。
まず第一に自助努力してください。
そして共助。地域で支えあう。
最後に間に合わなければ
公助、国に頼ってくださいと。
共助してほしいとわかりますが
地域で支えあうって難しい。
特に男性はハードルが高い。

普段、マンション暮らしなので
ご近所ともお付き合いがないですが
今年のような大雪の時は
団結できた気がします。
普段は冷たいシニア男性が
転んだ私に手を差し伸べてくれました。
感謝です。
みんなが大変になったら
地域で助け合えるのでしょうか?
個人的に落ち込んでいても
助け合う仕組みは見えません。

たぶん幸せな人生を歩むには
自助努力を中心に
考えた方がいいでしょう。
人間関係が煩わしいと感じる
独居シニアにもそれが1番かも。

銀行預金でちまちま
老後資金を作るのは限界があります。
運用のことを学んで
資産形成していただきたいです。
興味がないからやらないとか
がんばって勉強したつもりが
やり方を間違えたとかは残念です。
正しく確かで簡単なやり方を
お勧めします。


新潟のFP石井順子
 お問い合わせは 
 電話 090-1404-7204
 ホームページ  http://fpjun.on.omisenomikata.jp/

将来の資産形成
不安だったら
FP石井順子に聞いてみて!
https://mbp-niigata.com/fpjun/inquiry/personal/

この記事を書いたプロ

石井順子

石井順子(いしいじゅんこ)

石井順子プロのその他のコンテンツ

Share

石井順子のソーシャルメディア

google-plus
Google+

石井順子プロのその他のコンテンツ