まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ新潟
石井順子

金融機関20年の経験からアドバイスするお金のプロ

石井順子(いしいじゅんこ)

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

コラム

女性の社会進出を阻む男性の家事能力…

2018年2月5日

日本に根深く残る、性別役割分担の考え

アベノミクスの成長戦略
「女性が輝く日本」では
女性の社会進出が
期待されています。
ただ現実はそう簡単にいきません。
世界の中でも
相当遅れているとの評価です。
どうして進まないのでしょう。

明治政府が掲げた家父長制は
女性が家庭を守り
夫が働き
家族を養うというものです。
戦後の憲法は
男女平等を謳い
家父長制度は無くなりましたが
実際の家庭では
性別的役割分担は
根深く残ってきました。

今でこそ働き方改革と
いわれていますが
高度経済成長の流れで
激務に追われるサラリーマンを支える
妻の役割は重要で
家事・育児は女性に
その代り企業は家族手当を支給し
国は配偶者控除で
性別的役割分担を
固定化へ導いたという流れです。

バブルがはじけ
終身雇用制度が崩壊し
専業主婦がパートに出て
家計を助けたり
女性の進学率が進み
大学を出て男性と同等の
職業に就ける女性が多くなり
共働き世帯が増えました。
女性の社会進出は
進んでいますが
性別的役割分担は
根深く残っていると思います。

共働きだとしても
炊事や掃除、洗濯をするのは
主に女性。
子どもが生まれたら
育児休暇を取るのも女性。
親が介護になれば
離職して面倒をみるのも女性。

女性は自分の負担を軽くするため
子どもを産まない
結婚をしない
という選択をするのは
仕方ないような気がします。

女性の社会進出を推進し
少子化を改善するには
日本人の意識改革が
必要なのではと思います。
男性が家事をするのは
情けないことでも
恥ずかしいことでもありません。
家族だから
できることを助け合って
やっていく、
その延長に女性の社会進出が
あると思います。

若い方たちだけではなく
シニアの方たちも
家事を奥様任せにしては
だめです。
自分でできること
してあげられることは
率先してやりましょう。

幸いなことに昔と違い
家事を助けてくれる道具は
たくさんあります。
食器洗浄機
お掃除ロボット
調理だって、スーパーがあれば
お惣菜だって買うことができます。

夫の家事能力が期待できなく
妻がリフレッシュしたいとき
家事のプロフェッショナルに
スポット的に依頼することもありです。
妻が働くことで
妻が倒れれば
家計にとっては全くマイナスです。
トータルで考えて
コストをかけた方が
お得なことは結構あります。
FP相談も同じです。

新潟のFP石井順子
 お問い合わせは 
 電話 090-1404-7204
 ホームページ  http://fpjun.on.omisenomikata.jp/

ライフプラン、お金のこと
悩んだら
FP石井順子に聞いてみて!
https://mbp-niigata.com/fpjun/inquiry/personal/

この記事を書いたプロ

石井順子

石井順子(いしいじゅんこ)

石井順子プロのその他のコンテンツ

Share

石井順子プロのその他のコンテンツ