まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ新潟
石井順子

金融機関20年の経験からアドバイスするお金のプロ

石井順子(いしいじゅんこ)

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

コラム

税金や受け取り方がお得な収入保障保険を知っていますか?

2017年4月11日

個人契約だけでなく法人の保険もお得!

掛け捨ての定期保険の一つに
収入保障保険があります。
普通のタイプの箱型定期
つまり保険期間内はいつでも同じ金額の
保障があるタイプに比べ
形が三角の保障といわれます。

保険期間内、万が一のことが起これば
保険金支払いが発生し
通常では毎月年金が受け取れます。
毎月なので
保険期間が一ヶ月少なくなるごとに
保障も一ヶ月分減ります。
つまり最初は手厚く
だんだん逓減していきます。
だから三角形の保険。

お子様などが育ち盛りで
親の死亡保障を考えた時
理にかなったタイプです。
子どもが時間を経て
育ってくれば
それだけ保障は少なくていいですから。
そんなわけで
保険料も三角、箱型定期の
半分ほどです。

お得な保険料の保険は
たくさんの子育て世帯で
加入されているようです。
ここで受け取る方法について
考えてみます。

受け取り方は一般的に
毎月年金で受け取ります。
保険金は満額受け取れますが
受け取る保険金に
税金がかかるかもしれません。
年金で受け取る場合は
一年目は相続税の対象ですが
二年目からは雑所得です。
相続税は基礎控除や
生命保険金の非課税枠が使えるので
税金もたくさんかからないかもしれません。
二年目以降は
収入によって税金が発生するかも
しれません。
それによって住民税や
社会保険料があがるかもしれません。

もうひとつは一括受取。
年金受取より目減りします。
税金的には相続税なので
お得になることが多いかも。
どちらがよいか
その時の状況で決めることができます。

この保険は個人だけではなく
法人の社長の保障にも
よく使われます。
保険料が安いこと
万が一の場合、大きく
保険金が下りないので
保険金受け取りの際の益金に対する
税金が少額でよいです。
一時金が大きく出るタイプは
個人のように非課税枠が無く
その時の法人が支払う税金を
増やしてしまう原因になりそう。

新潟のFP石井順子
 お問い合わせは 
 電話 090-1404-7204
 ホームページ  http://fpjun.on.omisenomikata.jp/

保険にいろんな種類があります。
法人の方も個人の方も
ご自身にお得なプランを選択してください。
よくわからなければ
FP石井順子に聞いてみて!
https://mbp-niigata.com/fpjun/inquiry/personal/

この記事を書いたプロ

石井順子

石井順子(いしいじゅんこ)

石井順子プロのその他のコンテンツ

Share

石井順子のソーシャルメディア

google-plus
Google+

石井順子プロのその他のコンテンツ