マイベストプロ三重
  1. 年金を請求するときは、必ずコピーを保管してください。
岩本克彦

心因性疾患の方に向けた障害年金受給についてのプロ

岩本克彦(いわもとかつひこ)

シャローム岩本事務所

コラム

年金を請求するときは、必ずコピーを保管してください。

2018年12月25日 公開 / 2019年4月12日更新

マイベストプロやホームページ、タウンページをみてくださった方からときどきお問合せをいただきます。

「昔、障害年金を請求したけれどだめだった。でも、もう一度請求したいのです。」といわれることが、たまにあります。
その際に、だめだったときの書類のコピーを見せていただきたいとお尋ねすると、みなさん「残していない」「そのまま出しました」と100%答えられます。
何故だめだったのかが明確でなかったり、また、病歴を確認するにもコピーがあればとその都度思ってきました。

初めて請求する場合でも、障害者手帳(または精神福祉手帳)をお持ちの方は、手帳を申請した際の診断書のコピーがあれば、あるいは、傷病手当金を請求したときのコピーがあれば、ご病気のことが理解しやすかったりします。
聞き取り作業のときに、あれば非常にありがたいなと常々感じている次第です。

年金に限らず、民間の保険を請求するときの書類や会社へ提出した診断書でも、手元には必ずコピーを残しておくことをお勧めします。


下記のコラムもよろしければ、参考にしていただけたらうれしいです。
【障害年金の受給事例第1回】
http://mbp-mie.com/sharohmu/column/1827/

おことわり
 記事の内容は、わかりやすく簡単に表現させていただいているため、法律上の表現とは異なります。
詳細を省略していますので、すべてにおいて上記に当てはまるとは限りません。
また、記事の日付時点での内容のため、その後の法律の改正には対応しておりませんので、ご了承ください。

この記事を書いたプロ

岩本克彦

心因性疾患の方に向けた障害年金受給についてのプロ

岩本克彦(シャローム岩本事務所)

Share

岩本克彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-225-9231

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岩本克彦

シャローム岩本事務所

担当岩本克彦(いわもとかつひこ)

地図・アクセス

岩本克彦プロのコンテンツ