まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
倉本和幸

空調設備に情熱を注ぐプロ

倉本和幸(くらもとかずゆき)

株式会社京都設備

コラム

空調機器に指定以外の冷媒ガスの使用は

空調省エネの疑問、一答涼暖!

2012年7月9日 / 2014年3月19日更新

空調機器には、封入する冷媒ガスが指定されています。

ところが最近、
空調能力のアップや消費電力の減少などの効率向上をはかるため、
指定と異なる冷媒ガスを使用しておられるところがございます。

指定以外の冷媒ガスを封入してしまうと、
機械的不具合・誤作動・故障の原因となり、
場合によっては安全性確保に重大な障害をもたらす恐れがあります。

特に、プロパンなどハイドロカーボン系を成分とした冷媒は燃焼性があり、
漏れなどが生じた場合、火災や爆発など重大災害に至る恐れがあり
大変危険!!

封入冷媒は、
機器付属の説明書あるいは機器本体の銘板などに記載されています。
必ず、指定された冷媒を封入して下さい!

それ以外の冷媒ガスを封入した場合の
故障・誤作動などの不具合や事故などについて、
空調機器メーカーや
指定外冷媒の封入作業に関与していない設置業者では、
一切その責任を負わないことになっています。

従って、弊社では
指定以外の冷媒を使用した空調機器への対応は
お断りさせて頂いておりますのでご了承願います。

㈱京都設備のホームページはコチラからおこしやす!
この夏、ムダなくムリない空調節電するためのおさらい

この記事を書いたプロ

倉本和幸

倉本和幸(くらもとかずゆき)

倉本和幸プロのその他のコンテンツ

Share

倉本和幸プロのその他のコンテンツ