まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
小森剛

健康的に上達を図るゴルフインストラクター

小森剛(こもりつよし)

有限会社ゴルフハウス湘南

お電話での
お問い合わせ
0466-29-9025

コラム

ミスショット撲滅法⑨ 「今に生きる」

2012年1月26日 / 2014年1月16日更新

ミスショットしたときのことを思い出してみてください。

「以前この池に落としたなぁ‥」と以前のプレーを思いだしたらまた池ポチャした。
「このホールはいつも左の林に打ち込むんだ‥」と過去の事を思うと案の定林の中へ。

このような経験をした人は少なくないでしょう。また、次のようなケースはどうでしょうか。

「バンカーに入れてはいけない‥」と思ったらトップした。
「右がOBだから右にだけは曲げまい‥」と思ったら大きくスライスした。
逆にフェアウェイのど真ん中、絶好の位置から「よしツーオンだ!」と意気込んだらダフッた。(涙)

「以前池に落とした」とか「いつも林に打ち込む」は、過去の失敗に対する後悔の念です。
一方、「バンカーに入れてはいけない‥」とか「右には曲げまい‥」は、まだ起きていない未来のことを予測し、それに対する恐怖心や不安感、警戒心の表われです。絶好の位置から「よし!ツーオンだ」と意気込んだケースも、未来のことを予測し心が揺らいだ結果です。

このように、過去に起こったことへの後悔は、心に捉われをお起こします。また、未来を意識した状態は、心に揺らぎを引き起こします。心に捉われや揺らぎが起きるとパフォーマンスは著しく低下し、失敗となることが多いのです。

ではどのように考えればよいのでしょうか?それは「今やるべき事に集中する」つまり「今に生きる」ことです。

今やるべき事とは、目の前のボールを打つことですし、そのためにするべき具体的な行動は、クラブを振って正しいインパクトを実現させることでしょう。

以前このコラムで、元々脳はネガティブ思考であり、人間が行う思考のうち約7割がネガティブな思考であることをお伝えしました。それと同じように、人間の思考の約8割が過去や未来に対する思考だといわれています。そのことで、心に捉われや揺らぎを引き起こし、人はその潜在能力を封じ込めてしまいます。そして実に多くの失敗を繰り返しているのです。

クラブを振って「正しいインパクト」を実現する。それが今やるべき事です。その積み重ねがスコアという結果となって表れるのです。

今やるべき事に集中する。つまり、過去に捉われず、未来に揺らぐことなく「今に生きる」は、ゴルフに限らず人生のあらゆるシーンにおいて有効な、とても意味深い言葉なのです。

この記事を書いたプロ

小森剛

小森剛(こもりつよし)

小森剛プロのその他のコンテンツ

Share

小森剛プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0466-29-9025

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小森剛

有限会社ゴルフハウス湘南

担当小森剛(こもりつよし)

地図・アクセス

小森剛のソーシャルメディア

facebook
facebook

小森剛プロのその他のコンテンツ