まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ鹿児島
鈴木淳一朗

未来に向けた明確な人生設計のプロ

鈴木淳一朗(すずきじゅんいちろう)

独立系ファイナンシャルプランナー事務所 FPリライアンス

コラム

シニアライフをイメージしてみる

ライフプラン 人生設計 家計相談

2014年1月7日 / 2018年1月17日更新

こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの鈴木淳一朗です。

私はときどき思い出す言葉があります。
『I now begin the journey that will lead me into the sunset of my life. 』
(私は今、人生の黄昏に至る旅に出かけます。)

ホワイトハウスを去って6年後の1994年、アルツハイマーの病状を告白したときの、第40代アメリカ合衆国大統領ロナルド・レーガン氏の言葉です。
自分がそうなったときを想像してみると・・・なかなか言えない言葉だと思いませんか?

自分はどんな老後を過ごす事になるのか?
それはその人の過ごしてきた人生の密度と、老後に対する備えの有無によって大きく違ってきます。
たとえお金がたくさんあったとしても、心の内面の整えがなければ尊厳ある老後の人生を過ごすことは難しいでしょう。逆に心の内面の整えを持ち得たとしても、お金に余裕がなければ、心穏やかにゆとりある老後の人生を楽しむことは難しいと思うのです。

心の備えは人それぞれ。形にできないものだから計画通りにはいかないとしても、老後必要になる資金面はある程度計画が立ちます。
・退職時の貯蓄額は?
・毎月の生活費は?
・旅行や趣味も楽しみたい?
・入院や介護が必要になったら?

満足のいく老後を過ごすためには、無計画に老後を迎えるのではなくて、やがてやってくる老後に目標を立てて備えておくことが大事だと思います。
「あるだけで生活する」それもひとつの方法です。でも私は思うのです。
「年をとるのも楽しみだといえる人生を送りたい。」と・・・。

今からでも遅くはありません!
自分の老後をデザインしてみる。
あなただけの「シニア・ライフプラン」を考えてみませんか?

ご相談・ご予約はお気軽にどうぞ。

この記事を書いたプロ

鈴木淳一朗

鈴木淳一朗(すずきじゅんいちろう)

関連するコラム

鈴木淳一朗プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木淳一朗プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-117-503

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木淳一朗

独立系ファイナンシャルプランナー事務所 FPリライアンス

担当鈴木淳一朗(すずきじゅんいちろう)

地図・アクセス

鈴木淳一朗プロのその他のコンテンツ