まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
山本武史

ワークライフバランスを実現するタイムマネジメントのプロ

山本武史(やまもとたけし)

ポテンシャルビジョン

コラム

【WLBコラム】『【第9条】1日の1%の時間を大切にせよ!』生き方改革vol21

生き方改革

2018年8月9日 / 2018年8月10日更新

WLBコラムをご覧いただき、誠にありがとうございます。
働き方改革をサポートするタイムマネジメントコーチの山本武史です。


先日から『生き方改革』についてシリーズで記事を書いております。



前回、『【第8条】振り返りを習慣づけよ!(KPT法)』で
時間管理の仕方についての振り返りを提案させていただきました。




今回は

『【第9条】1日の1%の時間を大切にせよ!』

についてお伝えしていきたいと思います。




これが、実は最も大切で、かつ最も継続が難しいものです。


ここが習慣化できれば、ライバルに圧倒的な差をつけらますよ!





それが、

『1日1%の時間を大切にする』

です。





さて・・・、
では、1日の1%の時間って、どのくらいでしょうか?




計算の早い方ならすぐお分かりでしょう。


1日は24時間で、それを分に直すと・・・
1日は1,440分。

つまり、1日の1%は、約15分です。




で、この15分を大切にして、何をすれば良いかというと・・・、





『計画を立てる』

というタスクに時間をとって欲しいのです。




実は、この『計画を立てる』というタスクは
第2領域(緊急ではないが重要)に含まれます。




なぜなら、これをしないで毎日を過ごしている人もいますから、
すぐにやらないといけないものではありませんよね。



実際、僕の研修やセミナーを受けてくれる方にも聞きますが、
90%以上の方は、毎日やっていません。





しかし、

その日にやるべきことを洗い出し、
優先順位をつけて時間の使い方を事前に把握しておき、


仕事だけでなく、プライベートな行事も、
さらにいうと食事やリラックスタイムさえも想定しておく。


そうしてあらかた予定通り1日を終えられたら、
すっきり眠れそうではないですか?





ということは、1日の1%の時間をきちんと
『計画を立てる』というタスクに割くことで
睡眠時間も含めた残りの99%の時間を充実させられるのです。





ならば・・・、
それは必要な時間的投資だと言えませんか?




毎日15分、自分の1日の設計図を書く時間として
ぜひ継続して『計画を立てる』というタスクに取り組んでみてくださいね!



これ、きちんとできている人は少ないですが、
これが習慣化されると、
それだけでワークライフバランスが劇的によくなりますよ!



毎日、自分の仕事とプライベートのボリュームも確認できますし、
抜け漏れもすくなるなりますので、着実に進んでいけます。



ですので、毎日のタスク管理の最重要項目に

『計画を立てる』と記入しておいてください。




そうすることで、
あなたのライバルにも圧倒的な差をつけられますので、
ぜひ取り組んでみてくださいね!



では、今日はここまでとさせていただき、
次回は『【第10条】真のレクリエーションを習慣づけよ!』
についてお伝えします。


長かった
『決めた予定を必ずやりきるためのスケジューリング10か条』も
次がいよいよラストです。

========================
【働き方改革を応援!タイムマネジメントコーチ:山本武史】
研修・コーチングで御社の『働き方改革』推進を応援します!
ご質問・お問い合わせはこちら(24時間受付)
========================

この記事を書いたプロ

山本武史

山本武史(やまもとたけし)

山本武史プロのその他のコンテンツ

Share

山本武史のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-10-22
facebook
Facebook