まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
坂部智子

介護サービスのプロ

坂部智子(さかべともこ)

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

コラム

あれこれあって・・・

日々ねた

2014年2月18日

日曜日、母の79歳の誕生日だった。
幼馴染のみっちゃんが、はるばるやって来てくれて、
せっかくやから・・・と、「お誕生日会」なるものを、華々しく?やりました。

前日からド~ンと煮込んだ「おでん」。
収穫済の大根をとにかく使い果たしたサラダ。
丸いケーキにろうそく立てて、ギター演奏で「ハッピバ~スデイ」を歌い、
お祝いしました。

ケーキを目の前に置くと、母はすごい早業で、もう指にクリームをつけている。
苺をバクバク食べて、ご満悦。
なんかわけわからんままやったとしても、
久しぶりに、にぎやかに過ごして、興奮状態。
(夜もずっとしゃべり通しで、またまた、なかなか寝ないのでした・・・)

周りの大食いにつられてか、父もずいぶん食べていた。
まだまだ寒いけど、カラダもえらいけど、
それでも、自分では、底からは抜け出せたようだ・・・と言っていた。
4月の父の誕生日には、畑部集合で・・・と盛り上がり、
「酢豚がいい」などと、メニューのリクエストまでしていた。
やっぱり、あったかくなったら、元気になるで~と言って。


今日、
父は一人で、入院していた病院での検診結果を聴きに行ってた。
半年ぶりの検診がちょっと悪かったようで、先週再検査をした結果。
「転移のようで・・・云々」
「明日、一緒に説明聞きに行ってくれるか?」と、メールがきた。
「行ける」とだけ返事した。

その後、いつものように、「今帰ってきました」連絡があって、
そのすぐあとに、
「化学療法の先生から大雑把に説明はきいた。
悲観も楽観もせず、今から一日一日を有意義に過ごすと同時に、
癌に打ち勝つ精神力を持続していきますので、心配しないでください」とメールが来た。

「うん」とだけ、返した。
もう、なにも言うことは無いと思った。

一般論としての様々な状況からすれば、もうすでに十分だと言える。
冷静な思考もちゃんと働いている。
それでも、今この文章を打ちながら、やっぱり涙が出る。
なんともいえない不安?怖れ?哀しみ?
当事者は父であり、私ではないのに。

トマラナイ・・・

この記事を書いたプロ

坂部智子

坂部智子(さかべともこ)

関連するコラム

坂部智子プロのその他のコンテンツ

Share

坂部智子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坂部智子

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

担当坂部智子(さかべともこ)

地図・アクセス

坂部智子プロのその他のコンテンツ