まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
森本薫樹

問題解決型リフォームのプロ

森本薫樹(もりもとしげき)

株式会社リフォーム計画室

お電話での
お問い合わせ
078-797-8750

コラム

床下補強工事

2011年11月17日 / 2015年4月11日更新



須磨の戸建てリフォームです。
お風呂をユニットバスにリフォームする際に発覚した、土台が腐って床が落ちかけていた部分を補強します。

床下の現況です。
写真左側から伸びている土台が、ブロック基礎の上で途中からポッカリとなくなっている様子が分かります。





腐ってしまった土台の横に新しい土台を設置しました。
土台の下にパッキンを入れて床の高さを調節し、ビスと接着剤でしっかりと固定します。

お風呂はすでにユニットバスにリフォーム済みですので、以前のような漏水の心配もありません。





お風呂の入口の洗面所の床下です。
こちらも同じように土台が腐った影響で、床が宙に浮いたような状況でした。

手前から2本目の根太(床板を支える木材)が、下の土台がなくなったことによって宙に浮いています。





こちら側にも新しい土台を設置しました。
古い土台を新しい土台で両側からサンドイッチした格好です。

一番右の根太がカットされて新しく添え木されていますが、ここからスマートな大工さんと私が床下へモグリ込んで作業しました。





おかげで洗面所にも新しい洗面化粧台と洗濯機を設置することができました。(写真がデカいっ)
洗面化粧台はタカラスタンダード製で、ホーローの大容量洗面ボウルが特徴です。
ボウルの下も小物が収納できるスライドポケットになっています!(決してタカラの回し者ではありません。)

洗濯機は防水パン(洗濯機を置く受け皿のようなもの、洗濯パンとも言います)なしで、排水ホースを洗濯機の下でトラップに直結してスッキリと納めています。 排水ホースが隠れて、しかも幅を取りません。
注:マンションでは下階への漏水に備えて防水パンの設置が必要です。 くれぐれもご注意ください…

この記事を書いたプロ

森本薫樹

森本薫樹(もりもとしげき)

森本薫樹プロのその他のコンテンツ

Share

森本薫樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-797-8750

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森本薫樹

株式会社リフォーム計画室

担当森本薫樹(もりもとしげき)

地図・アクセス

森本薫樹のソーシャルメディア

rss
rss
2015-02-28

森本薫樹プロのその他のコンテンツ