まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
森本薫樹

問題解決型リフォームのプロ

森本薫樹(もりもとしげき)

株式会社リフォーム計画室

お電話での
お問い合わせ
078-797-8750

コラム

洗面所入口扉のリフォーム

2011年11月21日 / 2015年4月11日更新



須磨の戸建てリフォームもいよいよ大詰めです。
今日はキレイになった洗面所の入口を改修します。

図面は当初のリフォームプランです。
お風呂をユニットバスに入れ替えて洗面化粧台も新しくなりますが、基本的な配置は元のままです。
洗面所への入口が左端にあるため、左側の壁面スペースが有効に使えません。
また入ってすぐに収納棚が置かれているため、出入りもしにくい状況でした。





そこで入口を右側へ寄せて、左側に洗濯機や洗面化粧台、収納棚を並べてプランニングしました。
スペースを有効に使えるだけでなく、将来車いすを使うことになっても出入りに困ることはありません。

最終的にこのプランが採用になりましたが、今回のリフォームではこの入口扉の改修が一番の難題でした。
というのも建具と廊下側の壁がすべて板張りであったため、部分的な改修がとても困難だったのです。





現在の壁の外側に新しい引き戸をつける方法(アウトセット引き戸)も検討しましたが、扉の見た目が変わってしまうのと、廊下幅が狭くなってしまうので見送られました。
そこで考えたのが扉を二分割に加工して、両側へ引き分けるという方法でした。(二番目の図面の左下)

この方法であれば廊下側の壁を残したままで、扉と戸袋(扉で隠れる部分の壁)だけの加工で済みます。
とは言うもののあまり一般的な工法ではないため、うまくいくかどうかとても不安でした…




とても苦労しましたが(大工さんや建具屋さんが)、なんとかうまくできました。
元の板張りの風合いを残しつつ、使い勝手は飛躍的に向上しました。(と思っています。自画自賛ですが…)

扉の幅が半分になったことで扉の開け閉めの動作に不具合が出る可能性があったため、上部にレールを
仕込んで吊り戸に変更しています。

これで一番の難題をクリアしました。



この記事を書いたプロ

森本薫樹

森本薫樹(もりもとしげき)

森本薫樹プロのその他のコンテンツ

Share

森本薫樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-797-8750

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森本薫樹

株式会社リフォーム計画室

担当森本薫樹(もりもとしげき)

地図・アクセス

森本薫樹のソーシャルメディア

rss
rss
2015-02-28

森本薫樹プロのその他のコンテンツ