まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
石田雄二

会社設立と銀行融資のプロ

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

コラム

デスバレー(死の谷)を越えるために!

経営

2015年2月8日

…創業時の財務戦略の重要性を再認識してください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

起業から一定期間、赤字が続く時期があります。そして、ある
段階でその赤字幅が縮小しながら黒字化に向かいます。黒字転
換出来て安定できたら起業はひとまず成功です。
起業から黒字転換するまでの期間をデスバレー(死の谷)※と
呼びます。
※デスバレー(死の谷)は、ベンチャー企業が製品開発をすす
めながら事業化する段階で、資金が不足して企業として成り立
たなくなることを言います。ここでは広義に解釈して解説いた
します。

■デスバレーを越えられない会社は途中で事業休止、または破
たんします。

開業から半年経過した飲食店がありました。お客様が徐々に増
え始め、赤字幅は縮小に向かっていました。あと半年ぐらいで
黒字化できそうな様相でしたが、途中で資金が枯渇したので廃
業に追い込まれました。

○この飲食店は、事業としては成功する確率が高かったように
思います。財務戦略を間違えたために破綻してしまいました。
デスバレーの途上での資金調達は容易ではありません。創業時
に最大限の資金調達を行うべきとするのは、このためです。

■デスバレーを作りたくないために、必要な投資も行わずに、
ずるずると時間を浪費する社長様も少なくありません。何年
経っても投資もできず、人も雇えず、事業は立ち上がりません。

○デスバレーを経ずに事業が立ち上がるケースは稀です。必要
善のデスバレーを恐れすぎてはいけません。何を目指すのかに
も依りますが、一定以上の事業を創り上げようとするならば、
それ相応のデスバレーの大きさが必要になります。創業者とし
ての決意が試される場面です。

創業時には、デスバレーを想像してください。その大きさは、
その期間は、これが創業時や新規事業立ち上げ時の事業計画の
要諦です。創業や新規事業の失敗は、デスバレーを想定してい
ない、過少に見積ったことがその原因の一つです。

■デスバレーは自力で乗り越える以外に方法はありません。

事業を始めるとデスバレーに突入します。その事業が収益を持
ち始めて黒字に転換するか、明らかに黒字化の目途が立つか、
このどちらかのタイミングまでは、外部からの新たな資金調達
は原則できません。

○資金調達のタイミングは、デスバレーに突入する前の創業初
 期か、デスバレーを抜け切った黒字転換後です。
・金融機関からは、創業時に創業融資を最大限受ける、そして、
 その後も誠意を持って報告を継続することで、黒字転換期の
 前に追加融資を受けやすい環境を整備しておくことが重要で
 す。
・ベンチャーキャピタルなどのエクイティー資金は、黒字化の
 目途と、その後の急成長が見込める、この二つの条件が整っ
 た場合のみにその投資を受けられます。ベンチャーキャピタ
 ルも、デスバレーの入り口や途上での投資を行うケースは稀
 です。
 そう甘くはありません。

日本政策金融公庫や保証協会付の金融機関融資は、よく整備さ
れた仕組みです。また、創業補助金の制度もあります。日本の
創業支援制度も捨てたものではありません。
また、ベンチャーキャピタルも、その投資対象と規模の広がり
を見せています。首都圏では、一部の業種で投資バブルも始ま
っている模様です。

何処を目指すのか?に依りますが、どのような場合でも、創業
時の財務戦略を持って事業のスタートを切ってください。
デスバレー(死の谷)で死なないために…
創業時から、財務戦略の重要性を理解して経営に励んでくださ
い。
財務戦略は、体力のない小規模零細・創業期の会社にも重要な
テーマです。
――――――――――――――――――――――――――――

○当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。

○金融機関対応・補助金に関するご相談は、当事務所にて承っております。
 お気軽にご相談ください。

この記事を書いたプロ

石田雄二

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二プロのその他のコンテンツ

Share

石田雄二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-264-9024

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田雄二

石田雄二税理士事務所

担当石田雄二(いしだゆうじ)

地図・アクセス

石田雄二プロのその他のコンテンツ