まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
池田正一

質屋・鑑定のプロ

池田正一(いけだしょういち)

有限会社池田質舗

お電話での
お問い合わせ
089-921-4489

コラム

ピンクダイヤ、83億円!

時事ネタ

2013年11月16日 / 2014年6月3日更新

さて、今日のコラムですが、「ピンクダイヤ、83億円!」についてお話したいと思います。

先日、「世界最大級ダイヤ」というコラム(http://mbp-ehime.com/ikeda78/column/3990/)で、55億円のダイヤモンドをご紹介しましたが、これを上回る価格ですね。

サザビーズのオークションのピンクダイヤ
http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2013/11/14/13pink_dia/(写真はこちら)

まぁ、これ、おかしのキャンディみたいで、なんとも現実感の無いダイヤですね。笑

さて、このピンクダイヤモンドですが、同じ大きさ&カットであれば、無色透明のダイヤモンドよりも高値で取引される傾向があります。
というのは、以前のコラムでも書きましたが、「何故ピンクになるのか未だ解明されていない」という謎のダイヤモンドでして、採掘される量も極めて少ないダイヤモンドなのです。

無色のダイヤモンドのカラー評価は、D(無色)-Z(薄い黄色など)という基準があります。このZカラーを超えた色で、ピンク色の色合いを持つものを「ファンシーピンク」と呼びます。
ファンシーピンクの中でも、色合いによって6段階に分けられており、一般的に 「ファンシーヴィヴィッド」「ファンシーインテンス」「ファンシーディープ」「ファンシーダーク」 「ファンシー」「ファンシーライト」となっています。
当然、より鮮やかで、より濃い色を持つカラーのものであればあるほど、高い値で取引されます。さらに、このカラーの要素に、「クラリティー(透明度)」と「カラット(重量)」の要素が組み合わさって、ダイヤモンドの価値が決まります。





良いピンクダイヤモンドの見極めですが、それは、「色」「大きさ」に注目してください。

例えば、ダイヤモンドには、「カット」というのも、良い悪いを見極める要素なのですが、このカット、あまりこだわりすぎるのも考えものなのです。というのは、カットのグレードが上がれば上がる程、凝ったカットをしていますので、ダイヤモンドは小さく(重量減)なってしまいます。

また、「インクルージョン(内包物)」というのもダイヤモンドの良い悪いを見極める要素なのですが、無色透明ではなくピンクダイヤモンドの場合、それほどインクルージョン(内包物)にはこだわりません。インクルージョン(内包物)よりも色の濃さを重視するからです。

ですので、ピンクダイヤモンドは、「色」と「大きさ」。

ここに注目してください。


少しでも、皆様の暮らしのお役に立てれば幸いです。
それでは、また、次回コラムでお会いしましょう。







★★★池田質舗公式サイト★★★
http://www.ikeda78.com/

★★★池田質舗アメーバブログ★★★
http://ameblo.jp/ikeda78/

★★★池田質舗フェイスブック★★★
https://www.facebook.com/ikedapornshop

★★★池田質舗ツイッター★★★
http://twitter.com/ikeda78

この記事を書いたプロ

池田正一

池田正一(いけだしょういち)

池田正一プロのその他のコンテンツ

Share

池田正一のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-20
rss
ブログ
2018-09-20