まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
池田正一

質屋・鑑定のプロ

池田正一(いけだしょういち)

有限会社池田質舗

お電話での
お問い合わせ
089-921-4489

コラム

毛皮の倫理

時事ネタ

2013年11月9日

さて、今日のコラムですが、「毛皮の倫理」についてお話したいと思います。

今日はちょっと重たいテーマですので、
「倫理とか哲学とか、そういった事にご興味が無い」
または、
「今、疲れているので、軽い読みのもを気軽に読みたい」
という方は、今回のコラムはスルーしてください。

日本毛皮協会という組織があります。
質屋は毛皮もよく取扱ますので、勉強と再確認を兼ねて、こちらのサイト(http://www.fur.or.jp/)を見ていたのですが、このサイトに、「哲学・倫理」というページがあります。ここに、「異論・反論」という項目がありましたので見てみたのですが、どうやら過去に色々と議論が起きていたようですね。

つまりは、こうです。
端的に言いますと、
「毛皮の利用」は、
「地球に優しいのか、優しくないのか」
また、
「動物愛護の観点から毛皮の利用はヤメるべきなのか、それとも、資源の有効活用なのか」
こういった事が議論のテーマだと思います。

私自身、「んー…」と唸ってしまいました。

正直申しまして、質屋にとっての毛皮とは、コートであり、ストールであり、マフラーなのです。
また、毛皮は大変暖かいので、極めて実用性が高く、且つ、高級品でもあります。

しかし、先のサイトでの議論のように、毛皮というものを衣服として考えた場合、他の素材で代替えが効きます。暖かいコートが欲しいなら、わざわざ毛皮を使わなくても、極端に言えば、ゴアテックスのような新素材であれば、生き物から採る必要すらありません。

一方、このコラムで昔書きましたが(革の種類 http://mbp-ehime.com/ikeda78/column/2803/)、革というものは、人間が最初に手にした衣服だったのです。単なる皮から、人間にとっての衣服としての革へ、加工して身につけてきたのです。これはもう人間という文化の歴史そのものだと思います。

皆様はどのようにお考えになりますか?
100人いらっしゃれば100人の意見が出そうなテーマです。
このコラムでは結論を求めたりはしませんが、皆様も周りの方々とお話をしてみてはいかがでしょうか。



少しでも、皆様の暮らしのお役に立てれば幸いです。
それでは、また、次回コラムでお会いしましょう。

有限会社池田質舗
http://www.ikeda78.com/
http://ameblo.jp/ikeda78/
https://www.facebook.com/ikedapornshop
http://twitter.com/ikeda78

この記事を書いたプロ

池田正一

池田正一(いけだしょういち)

池田正一プロのその他のコンテンツ

Share

池田正一のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-10-20
rss
ブログ
2018-10-20